ブラック ミュージック。 No.1アルバム1965

UtaTenで今すぐ歌詞を見る! On Bended Knee|Boyz II Men Can we go back ll the days our love was strong Can you tell me how a perfect love goes wrong Can somebody tell me how you get things back the way they used ll be Oh God give me the reason I'm down on bended knees 日本でも人気の高かったR&B・ソウルジャンルのボーカルグループ「Boyz II Men ボーイズ・ツー・メン 」。 参加、KieferのMVに出ていたりと(Kieferは Mndsgnのバンド編成のキーボードでもある)、最近も多方面で活躍中の中、bandcampで投銭リリースされたのが本作。 幼いころから 聖歌隊のソリストとして活躍していたという彼女の歌唱力を堪能できる1曲です。 政治的抗議を含んだメッセージソングになるわけですけども。 甘い歌声と彼ら 一人ひとりのハイレベルな歌唱力は圧巻です!. 1960年代の第一次ブリティッシュ・インヴェイジョンは、黒人音楽から影響を受けたビートルズやローリング・ストーンズなどの英国のロック・バンドによってアメリカで旋風をもたらしたブームを指すが、アイク・ターナーは、そんな彼らの音楽を「英国訛りの黒人音楽」と表現した。 "Soul music"(ソウルミュージック)は無礼ではないですが、Hip-hopではない、古い時代の音楽を示します。 それに伴って、黒人に対する根深い人種差別が改めて表面化してきているわけですけども。 『It's Who We Are』は、冒頭のギターやドラムを聴くだけで「 この曲はノれる!」と思えるほど、リズミカルでポップな作品。 郷ひろみは1976年リリースの「恋の弱味」でもCHICのナイル・ロジャース調のカッティングギターを取り入れたダンスナンバーを(本家に先駆けて)リリースしており、日本のポップスにブラックミュージックの要素を取り入れる礎を築いた人物といえる。
74

それによって印象もかなり変わってきます。

そういうことで赤い修正が入っている。

ジ・インターネットのギタリスト、スティーヴ・レイシーが全面プロデュースし、また5曲中2曲は歌でも参加している。

こちらがジャケットになります。

大ネタを多数使用しているので、そういうポップさ、また 元ネタを探していく楽しさも、ヒップホップ的で個人的に好きだ。

43