ヒラミ 動物 病院。 ヒラミ動物病院(東京都練馬区)

このページのマスコット 本校のマスコットステータスです。

病気は環境に左右されることがあるので、どういった環境で生活しているかを見ることに意味があります。

13

利用規約はをご覧ください。

来院時期: 2016年03月 投稿時期: 2016年03月 我が家の愛犬が呼吸が速くなってから、掛かり付けの病院で肺炎と診断され、様々なお薬を試してきましたが、ひとつき半ずっと状態が変わらず、昨日から今にも呼吸が止まりそうな危険な状態になり、知人から、ヒラミ動物病院の院長先生を紹介して頂き、今日の10:30位に もちろん愛犬は酸素室から出すのは危険ですので 私一人で院長先生にお会いして、これまでの状況を説明しました。

出た数字だけポイントがたまり、たくさんたまると会社レベルが上がります。

その後、こちらの病院には本当に申し訳なかってのですぎ、近くの病院でこちらの治療方針を、わたしの意思として伝え、継続してすっかり良くなりました。

「病気をすぐに治してあげたい。

また、猫は病院がストレスになる動物なので基本的に預からないという方針にも納得でした。

それでけ信頼されている病院なのだと思います。

環境によって起こる疾患もある」として、昔は能登半島までも往診に行ったことがある平見院長。

浅草駅から徒歩15分に、犬や猫、ウサギやサル等の小動物まで幅広く対応する「佐野動物病院」はある。

93