千葉 ロッテ マリーンズ。 千葉ロッテマリーンズ鴨川後援会〜キャンプ地鴨川でマリーンズを応援!〜

落合は3度目、前年に続き2年連続で三冠王を達成 も金銭トレードで、もFAの人的補償でともに楽天に移籍した
1月25日をもって永田は球団経営から撤退 第2次バレンタイン監督時代 [ ] バレンタインが「全権監督」として復帰
結局投打にわたり駒不足で最下位に終わる 「千葉沖の海流のぶつかり合い」をイメージ
最多敗 87敗(2017年)• 5月19日の対中日戦 QVC の敗戦で勝率5割として 以降は借金生活となり、6月8日の対阪神戦 QVC の敗戦で最下位に転落 5月から6月にかけ、の と、ソフトバンク・オリックス・楽天でプレーした を相次いで獲得する
カネやんのいうこと信用して下さい 最多引分 15分(1978年、1980年、1984年)• また、新外国人投手のが11連勝した
後半戦から終盤戦にかけては西武との激しい3位争いを繰り広げ、特に終盤はCS進出をかけて争うこととなった が中継ぎとしてリーグ2位、新人最多記録の72試合に登板し、新人記録となる41ホールド、43ホールドポイントを挙げ最優秀新人賞を獲得
戦う男達のテーマ()• オフには大量10選手が戦力外になったことに加え、外国人選手5人の退団も決まった パ・リーグでは勝率3位からを突破してに進出した唯一の球団であり、そこから日本一を果たしたのも唯一である
18
山内が本塁打王、葛城が打点王となる 5ゲーム(1983年)• ネット裏指定席• 「ロッテオリオンズ応援団」と書かれたハッピやのロゴ入りのビジターユニフォーム(背番号なし)などを着用
この年は最下位だったが、10月19日の近鉄とのダブルヘッダーがパ・リーグの優勝のかかった大一番となり注目を浴びた(詳細は参照) 2012年:「和のもとともに戦おう」• 結局同年オフ、ダイエーはの支援を受けて経営再建を図ることとなり 、ホークスはに売却されてとなった
2007年度は平日のナイターは18時15分開始、週末は18時からの開始となっていた 1イニング最多記録を7つ樹立 [ ] ロッテは2009年6月11日の対4回戦(千葉マリン)で、6回裏に延べ20人の猛攻で15点を挙げ、チーム1イニングの攻撃に関する7つのプロ野球記録(チーム記録6、個人記録1)を樹立した(以下の 太字は新記録及びタイ記録)
とのコラボレーションを行うなど、野球外へのプロモーションも行っている 3月26日の千葉マリンでの開幕戦では、新球団と対戦し3-1で敗れ、楽天の公式戦初試合初勝利を献上したが、翌日には2リーグ制以降している
伊良部が球団と衝突し半ば強引な形で大リーグ・に移籍 なお、水戸での開催は前身球団の大毎が1959年5月に対阪急戦を行って以来61年ぶりになる予定だった
ここから東京オリオンズ• また、井口のダイエー時代のチームメイトであったが一軍ヘッド兼内野守備・走塁コーチ、が一軍戦略コーチ兼バッテリーコーチ補佐に就任することが発表された このトラブルが原因でMVP・外野応援団は解散に追い込まれ、これまで使用されていたスキンヘッドランニングなどのチャンステーマや(一部を除く)応援歌も廃止されることとなった
このときの日本シリーズの主催3試合は施設上の問題から仙台ではなく後楽園で行われた(この年と1977年度のパシフィック・リーグのは宮城で開催されたが、にロッテが進出していた場合も、ロッテ主催試合は後楽園で行われることになっていた) 二軍はイースタンリーグ優勝、ファーム日本選手権でもソフトバンクを3対1で下し2年ぶり3度目の日本一になっている
フィールドビューフロント• 10日後、その責任を取る形で濃人が監督を解任され二軍監督に降格、後任に二軍監督が就任 9月19日、34年ぶりの80勝を達成し(最終的には84勝)、シーズンを2位で終えた
73
合わせて「PINSTRIPE PRIDE」というコンセプトの下、ビジターユニホームにもピンストライプを採用し、ビジターマリーンズの象徴である「ブラック」と掛け合わせることで強さと威厳、相手チームへの威圧感を兼ね備えたデザインに変更した。 が打率リーグ2位の. 開幕当初は首位に立つこともあったが、5月に入るとソフトバンクに首位を奪われてしまった。 3塁側 LOTTE 爽 サブマリン・シート(最前列)• 二軍の本拠地がのから浦和市(現:南区)のに移転。 また、ゲストとしてを招聘するなど(一部)、さまざまな企画が行われた。 ロッテが東京オリオンズのスポンサーとなって40周年を記念したマークを導入。