コロナ 公務員 減給。 コロナの影響で公務員の給料削減やボーナス減給は決定的

労働基準法 第九十一条 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない。

同記事では全日本空輸 ANA が冬のボーナスをゼロにする方針を示したことの経緯を説明した上で、本年度の国家公務員の月給とボーナスの改定を求める「 人事院勧告」を取り上げ、次のように論評した。

そうした背景もあって、今回の事態で生活が苦しくなったり家に閉じ込められたりで、苛立った人たちの不満のはけ口として格好のバッシング対象になっているのだろう。

市民を雇わない国家 「日本は公務員のとても多い国だ」「官公庁に雇われて、「親方日の丸」でぬくぬくと暮らす役人たちの、非効率な「お役所仕事」が社会や経済の足を引っ張っている」——人々が抱いたそうした思い込みが、2000年代以降の公共部門削減の背中を押していった。

実は日本は公務員がとても少ない国なのである。

「何故、叩く必要が?『皆で貧困平均化』してどうするの?金がある人が経済回さないと」(原文ママ、以下同) 「『民間のボーナスが減ったから公務員も減らせ』と言う嫉妬と怨念だけの内容。

18