やまゆり 園 遺族 本音。 本音を聞かせて!相模原障害者施設殺傷事件から1年(2017年7月)

それで仕方なく市役所の職員を呼んだ。

本人が夏期の帰宅訓練中、庭の蛇口からバケツに水汲みをして畑に水をやってくれ、帰宅した時、刈った草を一輪車で運んでくれたこともあったという。

そんな誤った考えを社会に紹介してはいけないと。

彼らは、テレビに出て合奏を披露したり、スポーツ大会に出たり、展覧会で絵が飾られることもない。

川島 本社の報道部で遊軍という部署に所属していまして、いわゆる何でも屋です。

19人の犠牲者のうち、直接遺族に当たることができたのは6人である。

職員も利用者も笑顔で、雰囲気がよい。

林に沿って細長く広がっていた、2階建ての建物は解体され更地に。

障害者は「魂の教師」「すさんだ心の救済」などの大きな使命を持つ 神奈川県相模原市の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され、26人が重軽傷を負った事件から、26日で3年が経った。

93

帰宅訓練ではよく家に戻ってきていた。

12年夏、友人との飲み会で被告と同席した。

だからこそ、ヘドロが沈むのを待つのではなく漉くい上げて捨てる機会になることも大事だと思うのです。

ベルトの色を教諭に注意されるなど気に入らないことがあると、教卓を投げたり、ゴミ箱を蹴ってひび割れさせたり、黒板消しを投げつけたりした。

4年生だった2011年5~6月、小学校で約1カ月の教育実習をした。

この施設のような、コロニー型の大規模施設は時代に逆行していると考えられるからだ。

警察が当初から隠せば、遺族の意思の真否確認ができない。

2