帰省 女性 特定。 山梨帰省20代女性とBBQ4人特定。検査待つ間に都内に逃げる

そして山梨県鳴沢村に帰省していたということです。

特定行為が怖すぎる! ここまで特定行為があっという間に進んでしまうと、恐怖を感じますね。

5 月 3 日 55 例目患者の濃厚接触者として、PCR 検査の結果、陽性判明。

中には「 女性と一緒にBBQをした 友人の職業が保育士で、保育所が消毒された、家の窓ガラスが割られたらしい」「父親は大工」といった、 未報道の不明確な情報も複数投稿されています。

今は罰則はないけど、顔と名前を晒していいと思う。

そのご家族が近所とどのような関係を築いてきているかは分かりませんが、いわゆる 村八分状態になってしまう可能性が考えられるのです。

鳴沢村の名前が出始める 報道直後から、 鳴沢村の名前が出始めました。

1日に会った男性が感染していたということは、30日に会った友人たちも感染している可能性が高く、さらには高速バスに乗り合わせた乗客も感染が濃厚とみられるようになりました。

立ち寄り先の吉田鳴沢河口湖は地域の団結力まじで強いからリアル村八分になるね、親戚もだね。

こういうやつ特定して名前出せよもう。

東京都内で感染したのであれば特定まではされないと思いますが、こうした地方都市で東京から帰省した人がいるとなればすぐに特定されてしまいます。

東京と山梨での遠距離恋愛をしていて、彼氏に会いたいという想いもあって梨県コロナ陽性の女性は帰省したのかもしれませんね。

極めつきは、検査を受けた時点で自宅待機と公共交通機関の利用自粛を要請されたにもかかわらず、高速バスで帰京したことだ。

長時間三密を避けることのできない高速バスに乗っていたということで、高速バスに乗っていた方など不安のある方は保健所へ相談するようにとしています。

実家に帰省中にPCR検査を受け、結果が出る前に帰京。

しかも、隠ぺい、嘘をつくとは。

「ヘレ/」で、が深夜の帰りにある致命的なをし、朝まで「どうしようどうしよう」と汗ダラダラで座り込むことできないあの感じだ。

本人かどうかは確定ではありませんが、批判の意見が多い中で、擁護しているような内容であったり、補足でTwitterに無断転載をしないでくださいと投稿しているところが本人なのでは?と言われている理由のようです。

この女性の行動がネット上で批判を受け、炎上しています。

その掲示板というのが 『爆サイ』の以下のスレッド。

2日21時配信の産経新聞によれば以下のように報じられていました その後高速バスで山梨の実家に帰省し、友人らと買い物やBBQを行いますが、30日に勤務先の同僚の感染が発覚、帰省中の1日にPCR検査を行いますが、 自宅待機要請を無視して整骨院やゴルフを楽しみ、翌日感染の知らせを受けるものの、「犬が心配で」1時間後には高速バスで都内の自宅に帰宅しています
その後は一部を伏せた実名とともに、2人を中傷する書き込みが相次いだ 普段は隣県の都市で暮らしているが、4月に帰省した際、発熱があり、感染が判明
7月29日に最初の感染者が出た岩手県では、県職員がネット上をチェックし、問題のある書き込みがあれば画像で保存する対策に乗り出した まるでがにしのようなだった
帰省中に買い物にも出たという 女性はこの日、PCR検査を受けていた
その理由は、女性の同僚がコロナに感染していたことがわかり、女性も味覚・嗅覚に異常があっためPCR検査を受け、結果が出るまで、実家で待機の指示を受けていました 翌3日に帰宅日を訂正した
5月1日帰国者・接触者相談センターに相談し、帰国者・接触者外来を受診 (自宅から会社までの移動手段は不明) ・4月29日(水) 高速バスに乗り実家のある山梨県へ帰省
77