マクロ csv 読み込み。 【解析屋さんのためのExcelVBA(2)】複数のデータファイル(csv)をひとつのExcelブックに読み込む:ComputerScience

というわけで、そんなたくさんのデータを扱うのに便利なExcel VBAサンプルです。

21
Print item Next Loop Close 1 Line Inputステートメントにファイル番号と変数(ここではline)を指定することで、読み込んだ一行分の文字列が変数に代入されます データの形式を指定します
『作るための道具・ツール』が大好きなヒトです 読み込みを開始する行番号を指定します
たとえば、取引先から仕切情報を毎月同じCSV形式で送られてくることがあれば、フィールド名は同じであり、ADOを使って処理すればSQL文でフィールドを指定できますから、データを効率よくエクセルで利用できるようになります 次回は、「指定したドライブの空き容量やファイルのタイムスタンプや属性の取得」について解説する
「列No」が入力されている行までが、取込データ形式が設定されている行と見なします ActiveSheet ' VBA を実行しているワークブックの選択しているシート csvWs. 配列の先頭が0から始まる点に留意してください
こういった時のために用意してあるのがSplit 関数です Application. ありがとうございました
区切り文字としてカンマを指定する場合、 TextFileParseTypeプロパティにxlDelimited(カンマ区切り)、 TextFileCommaDelimiterプロパティにTrueを指定します 後編は、画像ファイルをシートに張り付け、Excel 2013のメニューからスクショを直に張り付け、画像を縮小し、指定した時間にマクロを実行する方法を解説
末尾に負符号が付く数値を負の数値として扱う場合は、True を指定します Range "A1" ' CSV を開く With queryTb. ワイルドカードで開く 拡張子を指定してダイアログに候補を表示する場合に、拡張子の指定にワイルドカードを使うこともできます
また、このように、対象のセルを行と列で指定する場合は、RangeではなくCellsを使うのがセオリーです False 既定 :扱わない 引数「Tab」 省略できます
一応パターン1のならこれで読み込むことができます VBAでCSVを読み込む方法 CSVを簡単に開ける方法を2つ解説します
43