オルフェ ゴール ギルス。 遊戯王カード考察:≪宵星の騎士(ジャックナイツ・オルフェゴール)ギルス≫オルフェゴールが強化版終末の騎士貰っちゃった!

宵星の機神ディンギルスを使った強固な破壊耐性に加えて自分・相手ターンを問わずに展開できる上にテーマ内に実質的なサーチができるカウンター罠も持っています。 それではまた。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 でも、ワンキルで30マッチに1度くらいは多分必要な場面が来ると思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。 リイヴの裁定は『罠や速攻魔法はセットしたターンに使えない』という扱いになりました。 オルフェゴールでの利点を上げると ・ロンギヌス、ファンタズメイ、ヴェーラー、無限、増殖するGなど本来苦手な手札誘発に対して軸をズラすことができる。
リンクアップ!エクシーズチェンジ!!! -- ロンギルス 2019-01-27 14:35:21• 純オルフェへの転換 ここまではオルフェでドラグーンを用いる構築的なメリットを挙げてきたが、 純オルフェもドラグーンオルフェに負けず劣らず環境的な優位を持つデッキである ・ Dクロ 抹殺用として検討しましたが、最初に落としたディヴェルにDクロを打たれたとしても、スクラップで貫通して星杖にアクセス出来れば実質0妨害となるため、無理してケアする必要がないと判断しました
ディンギで素材に入れる優先度 ディヴェル>ン>トロイメア>星杖>カノーネ 出来るだけバベルで発動して強いカードを素材に入れたいです 決まれば手札を整える、こちらの展開を通す為のバックアップ、への逃げ道など、利点はたくさんありました
墓地肥やしさえできれば 「オルフェゴール」モンスターを展開し、 「オルフェゴール」リンクモンスターでアドバンテージの獲得や高ステータスモンスターを出しつつ相手モンスターの除去を狙っていけます 出たばかりの頃は、評価は低かったです
枠が色々足りないことを除けば… ここに関しては、試行回数が足りず各デッキへの理解度も低いまま見切り発車したプランのため、正しかったのかは未だに分からないままである 墓地送りにされようが除外されようがバウンスされようがお構いなしで出てくるとか -- 名無しさん 2019-01-27 11:52:16• ・ わらし 誘発としての役割の他、相手ターンンへの墓穴Dクロを止められる点を評価して採用
もちろんそれぞれのルートに特化したい場合は 《宵星の騎士ギルス》を使う必要はありませんが、いくつかのルートを混在させたい場合はこのカードが共通の初動となることができるので、非常に有用だと思います 必要に感じなくなったら、適当に他のモンスターと混ぜてドラグーンへ向かうのもジリ貧の時には良くやります
プレゼントには最適かなぁとは思います 《宵星の騎士ギルス》の効果で星遺物トークンを生成• 本来、うららや指名者なしでは受けられない 増殖するGでさえ、素引き融合の前には1ドローとの交換に過ぎない
また 「オルフェゴール・ロンギルス」のリンク召喚をせず、 「宵星の騎士ギルス」+「オルフェゴール・ガラテア」+「オルフェゴール・トロイメア」の 3体で 「ヴァレルソード・ドラゴン」をリンク召喚することも可能です ロンギ通されて闇属性を用意出来ない場合に重宝します