新型 コロナ ウイルス 中国 責任。 WHOの報告書が3月中に公表…「新型コロナの国家責任」で中国を待ち受けるシナリオ(鷲尾 香一)

志葉:入管法というか、より正確に言うと別の法律になるわけなんですが、とにかく私が言いたいのは、法律上人間を拘束している以上、行政機関がきちんとその人の健康管理をきちんとして、調子が悪くなったら病院連れていく、また食べ物を十分に与えないだとか、そういった健康を害するような行為をするということは、それ自体が基本的にやっぱり法律違反なんです。 そうした人々を個々の事情を十分に鑑みることなく、法務省・出入国在留管理庁が次々に収容施設に「収容」し、かつ被収容者に医療を受けさせないなど、重大な人権侵害を行っている。 そのコロナウイルスが今回また姿を変えて"新型"コロナウイルスとして大流行中なのです。 大村入管から始まって70年以上やっているんですけれども、そういう話はあんまり、割愛して、2015年あたりから、法務省が収容を強めようという通達を出したんです、入国管理局に。 収容所の中の話を、いいですか。 アメリカ国内の中国資産の差し押さえなどの具体案などにも触れている。
62
香港大学の公衆保健学部でウイルス学と免疫学を専攻したイェン・リーモン(Limeng Yan)博士は11日(現地時間)に公開された英国メディアITVのトークショー『ルーズウーマン』とのインタビューで「ウイルスが武漢の水産物市場ではなく、武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表する予定だ」と明らかにした 香港大学の代弁人は「イェン博士はこれ以上、学校の職員ではない」と明らかにした
つまりこの3つの場所の唯一の連絡窓口です 中国の責任を問う上で焦点となるのは、中国がこのIHRを遵守したか、否かであろう
中国政府はパンデミックの責任回避に躍起だが、同国ではコロナ以外の感染症がいくつも報告されており、歴史的に見ても、中国内陸部から世界に拡散する感染症は今後ますます増える可能性があると、作家の譚璐美氏は指摘する そんなにこまごま言わなくてもいいのかも分かんないんですけど、いわゆる入国管理局、ビザのない外国人です
毒を入れているからかもしれないとか言われたことがあるんですけれども、勘弁してくださいよっていう話で イェン博士は「ウイルスの根源は私たちが知らなければならない重要なもの」だとし、「私たちがこれを知らなければ克服することは出来ないだろう
胃が治んなくてとか、病院を余儀なくされる なぜそういうふうに言えるかというと、私は前、米軍の捕虜収容所に拘束されてたから、そのときもいつ出られるか分かんなくて、スパイ容疑で捕まったから、下手したらこれ何年か食らうかもしれねえなみたいなことで、 私、イラク取材しているときにそういって米軍に捕まったことがあるので、被収容者の気持ちが分かるわけなんですけれども
この数字は世界全体から見れば少ないように思えるが、筆者もかつて訪れたことがあるジンバブエという国の実情から推測すると、当該数字は同国政府が把握できている範囲内のものであり、COVID-19の感染により閣僚である州大臣までが死亡するほどだから、実際の数字は公表数字を遥かに上回っている可能性を否定できない まあいずれにせよ、初動で失敗して拡散したのは確かなので 中国にも責任はあるのですけど、 それで中国は大都市閉鎖って言うのにも関わらず オカネ欲しさに「中国からの観光客のみなさんウエルカム」って やっていた日本政府のほうが、 はるかに重大で致命的な責任があると思いますよ
このような状況のなかで、今や数少ない親中派の代表ともいえる日本ですが、この世界の潮流にどのように向き合っていくのか注目されます それが中共です
47

さらに、5月29日にはトランプ前大統領が、「中国政府が国内旅行の制限措置を実施した半面、海外旅行を制限しなかった」ことに対して、「これにより引き起こされた死や破壊は数えきれないほどのものだ」と中国を強く批判した。

インド法曹協会会長アディッシュ・アガーワラは、「中国は人類を滅ぼす生物兵器を秘密裏に開発している」として相応の賠償を請求できると発言している。

中国国内の感染が下火になった去年6月には、新型コロナウイルスに対する『白書』を発表。

そういう場合は、やっぱりわざわざそんな遠い東京入管まで、品川の東京入管まで許可取らないで勝手に行ってしまう人もいる。

強いて言えば、「知ってるのは人民解放軍生物化学部隊だけです!」と閻麗夢博士が激白しました。

34