加水 分解 と は。 ゴムのベタベタ(加水分解)を除去してみた

93
酢酸ナトリウム( COONa)の分子が水に溶解すると、酢酸イオン( CO )とナトリウムイオン( )に分解します スポンジがボロボロになるように、ボロボロになります
海外品は標準で、特性に対する対策がない、(安ければ良いという考えで、必要性もない)ため、安価ですが、当然問題が多いです 直接ゴムの部分に吹きかけて5分ほど置いておいてから、流水で洗い流せばキッチンハイターを使用したときと同等の効果が得られます
キッチンハイターはアルカリ性で、酸性のゴムのベタベタ化合物を中和して、きれいにしてくれるのです なお、脱水縮合とは2つの分子からHおよびOH基を取り去り、2つの分子を結び合わせることをいいます
家具ではそうはいきません 水に限らず、溶液中で溶質と溶媒分子とでおこる分解反応は加溶媒分解ソルボリシスsolvolysisという
一方、ナトリウムイオンと水酸化物イオンは、互いに結合することにより水酸化ナトリウムを生成します お客さん:「ある家具屋で買って、1-2年使用していたソファがボロボロ(又はベトベト)になって
. 化合物が溜まることがないので、何年たってもゴムはさらりと乾いているのです ここではゴムのベタベタに有効な道具を紹介していきます
30