明日 世界 が 終わる ん だって。 明日 世界 が 終わる ん だって

自分だけが終わる(死ぬ)という話だったら、明日じゃないけど残り数ヶ月と余命宣告されてから壮大な旅に出る人はしばしばいます。

ツイッターに「わかりみが深い」「めちゃくちゃ私で死にそう」など、共感のコメントがあふれた。 40

そしてこのラストシーンは、自暴自棄になる今ケ瀬に対して、大伴が暗に次のような諭しをしているようにも見えるのだ。

で、そんなルターが、「もし明日世界が終わるとしても、私は今日りんごの木を植えるだろう」の言葉を残したとされているようだが、それは実は眉唾なんだと。

そんな話だ。

たとえば、世界終焉の予言を知ってもなお 『世界が明日で終わるなんて嘘に決まってんだろw』と余裕をている人もまた、ルターと同じように平常通りの生活を続けるのである。

その他のルター名言 「全てのことは願うことから始まる」 「恋なき人生は死するに等しい」 「「今でなくても」が、「やらなかった」になるのは実に早い」. で、そんなルターが、「もし明日世界が終わるとしても、私は今日りんごの木を植えるだろう」の言葉を残したとされているようだが、それは実は眉唾なんだと。

それって大事なことだと思うんです。

ここから主人公を救うにはどうしたらいいかなっていろいろ考えて……仕事で出世してみるとか、新しい道を見つけるとか。

世界が滅亡しても魂は一緒だよとしっかり抱き合う。

68
それでも、 関係の終焉に動揺し、焦りや恐怖に囚われて終わりを迎えるよりも、当たり前の日々を最期まで噛み締める方が幸せである。 もう少し視点を変えて、神秘学的に言見たとき、ひどく実際的な教えと言える点からも気に入っているんだ。 そんなルターは宗教改革の中心人物となったことでプロテスタント教会の源流をつくった。 実際、『どうせ続かないから』という理由でさっさと大伴と縁を切ろうとする。 ひとつは、詩的かつ情感的で美しい言葉だと思わないか? 実際に『明日、世界が滅ぶ!』なんてなったとき、世界は大パニックだろう。 』は今の気持ちにも、ストーリーにも合っているし。 、 まあそれはいいんだ。 誰が書いたとかは、二の次なんだよね、オレとしては。
74