西成 闇市。 【画像】日本で一番危険!?西成「あいりん地区」に潜入。ホームレスだらけ

生活保護受給者は医療費が免除されているため、無料で処方された薬を露店に売り、生活費を稼いでいる。 「俺が普段行っている解体現場は力仕事しかないから、腰が痛くてどうにもならないときがある。 実際に宿泊料金は800円~という格安料金です。 しかしその名前はあまりにもイメージが悪いものとなり独り歩きをしております。 同地区にある飯場(建築現場作業員の寮)で生活している男性に、この薬屋について詳しく伺った。 すごく安い 商店街を散策していると、 え、え、50万や300万の時計が普通に売られてた いや、これネタだよね。
24
日本人的な考え方ではないでしょうか。 最近あいりん地区にはカラオケ居酒屋が増えてきたんだそう。 買う側にとっては、その商品が盗んだ または拾った モノであることなんて関係ないでしょうし。 ご容赦ください。 出品者の多くは〝生活保護受給者〟やホームレスで、生きていく為には仕方ないのだと言う。 実際に釜ヶ崎は寄せ場の簡易宿泊所のある街から外国人のバックパッカー向けの街に少しずつ変わってきているようです。 (Wikipedia参照) あいりん地区の闇市では、捨てられている物や違法DVD、睡眠薬まで露店に並べられているという。