制止 菌 マスク 互 福 衣料。 ウイルスを通さない日本製マスク『制止菌マスク』が 最強マスクな件

互福衣料製マスクウィルスとれる~んの販売店舗は 互福衣料製のマスクウィルスとれる~んは、ネット販売の他にも少ないですが、宮城県、埼玉県、神奈川県のお店に卸しているようですね。

国民から愛され、 国民を楽しませ、 お笑いを愛し愛されていた方が、 こんな形であっという間に 逝ってしまいました。

ウイルスを吸着する、特殊な溶液を発見し作られた商品です。

ただ2月13日現在の情報だと、マスクの 電話注文は受け付けてくれるとのこと。

マスクは相変わらず入手が困難です。コロナウイルスは試薬品が普及するまでかかりたくはないものです。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクが不足する中、衣料品メーカー互福衣料の鹿島台工場(宮城県大崎市)では「制止菌マスク」の製造が急ピッチで進められています。

ただし、販売数も限られていて 製造数も限られているため、 受注生産となっています。

制止菌マスクの付け方 製造が始まってから、 改良に改良が 重ねられて、 今では 6層構造になり、 着用する方の希望によって、 添付したフィルターを 清潔な水に浸し絞り、 別に添付された (乾綿布)に張りつけて、 綿布がお口側に直接 張りつくようにして、 マスクを着用する 仕様になりました! 付けるときは、 上下を間違えないように! 形が変えられるのは、 上側です。

この制止菌マスクですが、機械で自動生産されているわけではなく、なんと工場で40人の作業員の手作業によって作られているそうです。

同社は、スポーツウエアや学生服の製造がメインだが、中国の広東省で重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した2003年ごろから、ボランティアの一環としてマスクの製造を始めた。

洗って使えるのがいい! メガネが曇らないし、 むれないのですごくいい。

制菌マスクどうやって入手できる? コロナウイルスの、 さらなる感染拡大への 不安が高まっていますね。

先日も鹿島台工場に伺いましたが、本当にありがとうございます。

互福衣料は、地元の学校の学生服や体操服などの製造や販売を手掛けている会社ですが、マスクの開発を始めたきっかけとしては、2002~2003年に中国と香港で流行したSARSの報道を見て、「何かできることはないか?」と考えたのが始まりだったそうです。

6