妻 が 口 を きい て くれ ませ ん 野原 広子。 mk-news.co.uk:Customer Reviews: 妻が口をきいてくれません

夫は妻の心をずっと無視していた ストーリーの序盤は夫の視点。

〈私は結婚しているとき、夫が大嫌いなんて思っていたんですが、読んでくださっている方たちの声を聞くと、『男もつらいんだな』と思うようになりました〉. ざっとあげてみると・・・• もう夫とは口をきかない、とそう決めた」という独白?に至っては、読んでいて、思わず心が冷凍庫のように冷たくなりました。

それは理解できる。

この作者の描く夫婦は毎回パターンが決まっている。

続く後半では、これまで取材を通して様々な夫婦に出会ってきた野原さんに、夫婦観や円満な関係を築く秘訣についてうかがいました。

3日、2週間と時は過ぎ……。

重なっていない文から行間を読むかどうかを予測することはできませんから。

子どもが生まれ、家を建て、確かにあの頃私たち夫婦は同じ方向を向いていた。

さらに驚いたのは、彼が妻に『離婚しよう』と言ったら、『私はまだ好きなのに』と言われたんですって。

また、に寄せていただいた文章の中では子供時代の酒井さんからの視点を描いていただきまして、とてもヒリリと心に刺さりました。

「6年間も口をきいてくれないなんて、ママはヒドイよ」 そうつぶやくと、娘から意外な言葉が返ってきた。

口を聞いてくれない妻がいる、家に帰るのが怖い。

55
それがいつしか… 期待すれば上手くいかなくなる、だから期待しない
だから妻が「私はお前の『ママ』じゃないよ!」と呟いたのは、きっとそれを感じ取っていたから 妻は本当に家出もしくは離婚を考えていた? そして最後の貯金通帳をじっと見つめそそくさとパートに出かけるシーンに繋がる、っと
自身の無能ぶりを無意識に自覚しているからこそ、大嫌いな夫に養ってもらう道を自ら選んでしまっている それから家事を手伝ったり、子どもと積極的に遊んだり、職場の先輩(女性)のアドバイスで花を買ったり、いろいろしても妻は口を聞いてくれない
「私もそう思う!」と共感する人も多いのでは でもやっぱり嫌い
聞こえてないし、見てもない 1 夫 誠の章 1 妻が口をきいてくれません 3日目 2 妻が口をきいてくれなくなった 2週間目 3 妻が口をきいてくれるよう頑張ってみた 1カ月目 4 妻が口をきいてくれなくても 2カ月目 5 妻が口をきいてくれないから家に帰りたくありません 3カ月目 6 妻が口をきいてくれなくてもそれでも日々は続く 1年目 7 妻が口をきいてくれないからあの2文字が頭をよぎります 5年目 8 妻が口をきいてくれました 6年目 2 妻 美咲の章 9 妻はそのセリフを許せない 10 妻は夫の背中につぶやく 11 妻は期待して、失望して、そして「あの日」が訪れた 12 妻は夫に期待などしないと決めたのです 13 妻は夫がかわいそうかな、などと思ってはみるものの 14 妻は夫の心がいったいどこにあるのかわかりません 3 夫妻の章 15 妻の心の内がわかりません 16 妻の決意は5年の時を経て 17 妻への想いは星空に響く 18 妻のつぶやきは5年の壁を砕く 19 妻の回顧「あの日」. 違うのは、必要最低限の言葉以外、妻から話しかけてこないことだけ……