青楼 オペラ 11 巻 ネタバレ。 青楼オペラのネタバレ11巻&感想!朱音の両親を殺害した犯人がついに判明!

ここまで来たのに日理だしに戻ってしまった朱音の絶望感は読んでいてこっちにも伝わりました 最終巻が無料で読めるので、「青楼オペラ」の世界観に浸りたい方は、 U-nextがおすすめですよ! \今すぐ漫画を無料で読む/ 桜小路かのこ|青楼オペラの関連作品• 仕事場では何気ないふりを装っている秀ですが、祖母の認知症による言動に対応したり、父親や母親の態度に腹を立てたりしています
2人の想いがすごく切なくて私まで胸が苦しくなりました 主人公の朱音は武家出身のお嬢さん
誠二郎の本性 旗本の当主になりたかった誠二郎は、婚約解消を上伸されていることを知ってその前に何とか手を打とうと思い、それならいっそ殺そうと考えたようです 朱音は水を持ってきて紫の足を冷やす
他の4人は既にスタンバイしていた 裁きの結果腹を切った中村でしたが、朱音の父を暗殺したことに関しては無関係でした
黒幕はやっぱり中村? キナ臭い殺人事件、おー怖っ、と思っていたところでおまけの四コマ漫画に癒されました 朱音は どうやって復讐を遂げたのか 、惣右助の姉は誰だったのか、 2人の将来は…
主人公と、かわらず愛しく想い続けてくれる若旦那様が最後に結ばれ子供も産まれ幸せになった事が嬉しく…あちこち泣きましたがラストに近い数話はホッコリ私も幸せになりました 翌日に振新舞があるため 紫は強がってみせるが女将たちは心配している
老臣は涼しい顔で今日はちと用事ができ申したと伝えます 真木村が話を続けようとすると馴染みの女郎が通りかかります
紫の表情を見るとあまり嬉しそうにしていないのに気づく 茜の顔に手を添えましたが、払いのけられてしまいました
45
髪を下す茜に「なんで髪下ろすんだ」と惣右助が聞きます。 利一が茜と紫がいなくなっており、茜の櫛が落ちていたあたりの三角屋でも新造がいなくなっていると内儀に伝えます。 真木村は 「悪党だろうが武家なのだ 対面は重んじなければならん」と言います。 世間には秘密ですが、実は茜は自分の身に起こった一連の出来事を芝居の原作として菊乃丞を通して売り、その金で自らを請け出すと松坂屋の好意で養女となり、惣右助と結婚することができたのです。 しかし、無意識で惣右助を探してしまうことに気づく朱音。
14