天気 の 子 大丈夫 歌詞。 【RADWIMPS/大丈夫】歌詞の意味を徹底解釈!洗練されたラストフレーズが胸に刺さる!

その姿を誰かに見てもらえる心強さや安心感を知っている。 ですが陽菜はお天気のビジネスを通して、 「私、好きだな。 【天気の子】ひなの最後の祈りは何のため? 帆高が陽菜と再会するシーン、最後の場面で彼女は坂道の上で何かを祈っています。 素敵な作品をありがとうございました。 歌詞考察の前に 『大丈夫』のMVが2019年11月4日にネット上で公開されました。 自分の歌の意味を監督が教えてくれた。 出展 天気の子原作小説 は映画を見た後に読むことをおすすめします。 神津島で暮らす高校1年生、帆高は家出し、東京へと旅立つ。 歌詞の所々で「大丈夫」が本心ではないこと、そのフレーズの陰に不安や焦りが潜んでいることを理解できます。 人柱となり、自らの身体が透明になり続けても祈っていたので、それほど まわりの人々の幸せを願っていたからこそ、力がなくなってしまった最後も祈っていたんではないでしょうか。
46
——————————————-. 」 のあとがきに、このセリフの意味が新海誠監督とRADWIMPSの野田さんが語っていました。 連日振り続ける雨の中、雑踏ひしめく都会の片隅にで、帆高は不思議なこと能力を持つ少女・陽菜(ひな)に出会う。 ちょうど公開2ヶ月前であった。 人柱となり、自らの身体が透明になり続けても祈っていたので、それほど まわりの人々の幸せを願っていたからこそ、力がなくなってしまった最後も祈っていたんではないでしょうか。 ですからコメントの「入っていた」というフレーズにはここまでの流れすべてが包含されているんだと筆者は感じました。 使命を果たせない自分 命の無目的さ に、どうしようもない葛藤をしているのです。 RADWIMPSの次回作と今後の活動に期待し注目していきたいと思います。 皆さんも海で足がつかないくらい深い場所まで進んで 焦りや不安を感じた経験があるかもしれません。