土鍋 こげ。 土鍋の焦げは簡単に落とせる!ガンコな汚れもきれいすっきり

このように焦げ癖がついてしまうとなかなか面倒です。

レシピ通りにやっても焦げてしまう場合は、 本来は強火のところを強めの中火でやってみると焦げ付かなくなることも。

また、重曹はアルカリ性のため 大量に使うと土鍋の釉薬が傷む恐れがあります。
翌日、重曹の入った水を流し、焦げ付いた部分をスポンジでこすり洗いしていきましょう!. 一週間を経過したら時期を見て、木ベラや割りばしを使って焦げ付きをこすり落とします。 そうすることで中性洗剤の効果がアップし、焦げがいっそう剥がれやすくなります。 クレンザーを使用すれば、その微小の穴がクレンザーを吸収してしまうのです。 炊き上がりは? 土鍋ごはんで楽しみなのが「おこげ」。 その場合は米のとぎ汁を使って『 目止め』をすることをおすすめします。