災 禍 違い。 災と禍の違いは何ですか?

まさに、転禍為福(てんかいふく)の状況なんです! 転禍為福とは、「災い転じて福となす」の意味です。 「災が主に運命による災害を指すのに対して、禍は人間の営みによって起こされるものまで含めていうのが、この二つの違い」とのことである。 澤井直・順天堂大助教(医史学)によると「疫病についての旧内務省の報告では、一貫して『終熄』が使われている」。 新型コロナウイルスの流行により、避難所に避難ではなく(もちろん危険な場所にいる場合は速やかに避難する必要があります)、安全な場所に待機し、こうした自然災害、災いに備えることも今年は特に必要になってきます。 一方、この「天災」とよく似た言葉に「災害」がありますが、この2つはどのような点が異なるのでしょうか。 コロナ禍(か)の読み方から考える ~災い(わざわい)と禍(わざわい)の使われ方~ コロナ禍とは、2019年末から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による社会・経済的影響のことを指します。 「わざわいが起こる原因」とか「わざわいのもと」といった意味です。
56

不幸をひきおこす原因。

しかし新しい日本語の使い方はたびたび登場するものなので、 「コロナ禍」「コロナ渦」は同じように市民権を得る言葉になるかもしれません。

また、周囲を巻き込みながら一つの方向へ向かう流れ。

読み方は「てんさい」で、「天災は忘れたころにやってくる」「100年に一度の天災」などのように使われます。

2020年6月、「日本一ネット」から「書籍執筆数日本一」と認定される。

出典元:小学館 デジタル大辞泉 を意味します。

新刊は『書評の仕事』 (ワニブックスPLUS新書)。

96