ユア ストーリー。 一人のオタクが、ドラゴンクエスト ユアストーリーをレビューする。|ふゆ|note

を愛するみなさん、純粋にゲームをやって世界観を堪能することをオススメします。

ゲームは好きだが周囲の人たちはゲームに対して冷たい態度をとっている。

このつるぎは魔界の門を閉じるちからを持ち、天空の血を引く勇者だけが装備できます・・・ ・・・少年 リュカは、屈強な父・パパスと旅をつづけていました。

しかもウイルスなんてものを作る根暗キモデブアイドルオタ男(個人的イメージです)に大人になれとか説教される始末。

「いい映画だった」、あるいは「ダメだったなー」ということではない。

気立てのよい美人。

その後リュカが生まれる場面までは、懐かしのゲーム画面でストーリーが進むのです。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はドラクエ5の映画化の機会を損失させ、時代遅れの語る価値もないテーマをぶつけ、一方的な愛を投げつける。

ただし、ゲーム版と同じく主人公は天空の剣を装備できない。

さすがゲームが原作だけあって、物語は非常にテンポよく次々と進んでいきます。

59 50
純粋にドラクエファンとしてガッカリ フローラに告白したのを知ってるのに受け入れるビアンカも謎
そこをちゃんと描けばだと思いました ゲーム作品の映像化あるあるになってしまうが、土台、全てのファンが納得する作品を作り上げることは不可能だ
本作の最終的なオチについて、僕はしばらくきょとんとしてしまった 彼女を助けようと交戦するリュカでしたが、ゲマによって石にされてしまいます
老害脳で一生アンチエンタメやってろ ホークマン:• 親子3代に渡る壮大なストーリーで、モンスター仲間システムを搭載
せめて幼少期のビアンカとの描写があれば悩むのも納得できる だがそれもない いったいこの敵は誰が作りだしたのか
45