異邦 人 歌詞。 久保田早紀 異邦人 歌詞

大貫妙子さんの「黒のクレール」の一節 「誰も知らない島で 子供のように暮らすのが 夢だった」 と、イメージが似ているように、小生には感じられました。

「わたしは、時間旅行をしているときにあなたと会って恋をした。

To find out more complete and clear information or images, you can visit the source directly by clicking the link below the image. The copyright of the image is owned by the owner, this website only displays a few snippets of several keywords that are put together in a post summary. 時間旅行がわたしを呼んでいる、と解釈します。

URLは小生のダイアリです。

「あなた」にとっては、ただの通りすがりにしか過ぎなかった「私」。

「あなたにとって私 ただの通りすがり ちょっとふり向いてみただけの 異邦人」 (異邦人 作詩・作曲/久保田早紀 著作権法第32条に基づく引用) でも2番にいくと、そのへんがはっきりしてきます。

47

If the copyright owner or you don't like to seeing a summary of the images displayed on this blog you can report as spam to Google so that the following posts are not displayed by Google or another search engine. そして「心の傷を埋めるのは時間旅行だけ」(歌詞を組み立て直しました)で、再び時間旅行放浪者となる決意をして、 「サヨナラだけの手紙」を書き残して、当てもない時間旅行に再出発。

長文失礼いたします。

さらにmasaomixさんが敢えて(だとおもいます)書かれなかったことを書いているだけで、あまりオリジナリティもありませんが、 お役に立ちますかどうか。

「祈りの声」「歌うようなざわめき」 ここから、小生は「トルコあたり、イスラム文化と西洋文化の境目当たり」と推測します。

あなたといっしょに、この時空に腰を落ち着けようと思ったのに。