小早川 秋声。 東京まで小早川秋聲『國之楯』をみに行きたい。|たたら小町|note

7
滋賀県• 結婚の勅許を得た ことが報告されています こうした度々の改題・改作は、戦中から戦後のの変化に伴い、尽忠報国から追悼・哀惜へと作品を転化させる操作とみられる
満州事変の頃には「日本画家として唯一の軍事画家」として紹介されていた小早川は戦地で従軍中の兵士達の日常に寄り添った静的な戦争を描きました 享年88歳だった
満鉄では上に掲載した初代後藤総裁のもと唯一の技術 系理事として狭軌から標準軌への切り替えなどに従事事で知られています 敗戦時、奉天の飛行 場でソ連軍空挺部隊に捕らえられた
秋聲は従軍画家でもありました 中でも、日の丸の旗で顔を覆われる戦没軍人を描いた衝撃的な作品「国之楯」は、秋声を戦争画家として強く印象づけた
ちょっと考えながら楽しめる展覧会でした 27-28• 他にも(大正15年)3月から7月にかけては、日米親善のためアメリカに渡っている
当初は「」という題名で、遺体となって横たわる兵士の頭部背後には金色の円光、背後には桜の花弁が降り積もるように山なりに描かれていた 仕事を残して死ぬ 者は中だ