ホンダ カーズ 千葉。 ホンダ子会社の「ホンダカーズ千葉」、元店長の過労自殺認め謝罪、遺族と和解成立【新聞ウォッチ】

35
《福田俊之》. 部下の残業を肩代わりするなどして時間外労働時間は多い月で87時間も行っていたという 同年8月、無断欠勤などを理由に書面で懲戒解雇を通知され、昨年12月20日に自殺した
同年6月に行方がわからなくなり、2カ月後に戻ったが、ストレス性うつ状態と診断された 男性は2015年3月、千葉市内にオープンした店の店長になったが、部下の残業を減らすために代わりに残業するなど長時間労働を続けたという
男性の妻は19日、代理人弁護士を通じて「中間管理職に負担が来てしまうことがあると思います どうも、営業の横引です
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール 中国・四国• ホンダの子会社「ホンダカーズ千葉」(本社・千葉市中央区)の自動車販売店の男性店長(当時48)が昨年12月に自殺したのは、長時間労働などによるうつ病が原因として、千葉労働基準監督署が労災認定していたことがわかった
営業の山本です 社 是 独立自治の精神を以て鍛錬修養し、社業の発展を通して社会に貢献する
認定は今年6月16日付 会社側は無断欠勤などを理由に書面で懲戒解雇を通知したことで、16年9月、地位確認や未払い賃金の支払いを求める労働審判を千葉地裁に申し立てたが、そのさなかの12月20日に自殺した
訴訟記録などによると、自殺した男性は2015年3月にオープンした千葉市内の販売店の店長に就任 千葉労基署は取材に「個別の事案には答えられない」、ホンダカーズ千葉の代理人弁護士は「係争中のためコメントできない」としている
30 32