手伝い 類語。 「手助け」の意味とは・類語・読み方・英語・対義語【使い方や例文】

C月D日 E山F郎 目上の方にも、厚意に対して感謝の気持ちを伝えることは礼儀ですが大げさな表現やまわりくどい表現は不自然に感じられます。

日本語ワードネット1. 役に立つ手段 の意• ビジネスシーンにおいては、「手伝っていただけませんか」と素直に言うよりも「手を貸していただけませんか」「お力添えをいただけませんでしょうか」などの表現の方がより丁寧です。

こちらの記事では敬語だけでなく類語も紹介しています。

目上の方が「手伝いをする」という状況を言う際に「お手伝いなさる」と尊敬語で表現します。

救ける• 「いたす」は漢字にすると「致す」で、「お手伝い致します」といったように漢字表記にしても問題はありませんが、「致す」には「(良い結果とはならない意味で)する」の意味の込められているという情報もあるため、一般的には「いたす」のように平仮名表記が用いられます。

手だすけ• 相手に協力する際に、「手伝ってあげますよ」などと申し出るのは、少々恩着せがましい印象を与える可能性があります。

また、使う敬語次第で、ニュアンスはガラッと変わるものです。

手だすけ• それでは「手伝い」の敬語について、尊敬語、謙譲語、丁寧語でそれぞれご説明します。

実際に使う時には「する」ではなく、「します」や「しています」あるいは「しました」といった言葉を付けることが多いです。

助けたり援助する; 役立つ の意• 丁寧語の使い方ですが、こちらは誰に使うか問いません。

基本的には、目上の人に対して使う言い回し 「微力ながら」という言い回しは、比較的頻繁に使われるものですが、いつも同じ言い回しをしているのも、つまらないものですよね。

尻おし ある計画を実現させるために提供される財源 の意• 手つだう• タイトルは「「この間」」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】」です。

18

助けること• つまり、相手が目上でも目下でも、同輩であっても「丁寧語」は使用することができます。

「手助け」という言葉には、 「自分の手を貸して助けること・加勢 助力 すること」や 「自分の労力・時間を割いて困っている相手 助けを必要としている人 を助けること」の意味合いがあるのです。

主に、相手のことを手伝ったり協力したりする際に、相手に大して自分が言うパターンが多いように思います。

つづいては「お手伝いいたします」の例文です。

このようなリスクがあるときは、少しフランクな敬語表現にしましょう。

54