ツイン ドラゴン ハナハナ 設定 差。 【ツインドラゴンハナハナ解析】設定判別・設定差のポイント

その他のハナハナでも 朝イチにパネフラしやすいという可能性があるかもしれません。 ホールでは偶数設定がよく使われていて、誤爆も多いので設定4を設定6と勘違いする打ち手も少なくありません。 もちろん条件の良い機種 適正台数・出率 は他にもあったけど、どうせなら好きな機種でツモってやろうじゃねぇか!って感じ。 コイン持ちのベース(ベル確立) これは非常に大事です。 解析等は出ていませんがグレートキングハナハナの数値を載せておきます。 従来のハナハナシリーズ同様にツインドラゴンハナハナにおいても、設定変更時にリールのガックンが確認できています。 ボーナス告知割合• 純ハズレ 純ハズレとは、ビッグボーナス中に出現するハズレの事です。 何度もハマりを繰り返す台というよりも、どちらかと言えば 一度に馬鹿でかいハマりがやってくる台という感じです。 少なくとも赤字で示したボーダーラインはクリアした台を打ち込みたい所です。
28
しかし、 設定6のみ虹以外の振り分けが均等になっている点に注意
レトロサウンドによる設定判別 設定 発生率 1 6. 長期的に見るとグラフは綺麗な右肩上がり ツインドラゴンハナハナ と言っても何も難しいことはなく、ただ普通にクレジットカードを作るだけです
2021年3月22日• (前作までは87G以内でした ゲーム数100回転までは連荘に含まれる ハナハナと言えば名前の通り87回転までが連チャンに含まれる範囲でしたが、今作では連荘の範囲が 100回転までに延長されました
8 上記数値は全設定10万Gの実践値です レインボーはともかく、 赤や緑は設定1でも普通に出現しますので、総合的に見て赤や緑の出現率が多いのかを判断しなくてはなりません
ハナハナホウオウ以降の機種に関しては解析が出ていませんが 朝イチに パネルフラッシュしやすいという情報があります ビッグを起因としてフリーズが発生しますので、設定によって確率が大幅に変わってきます
緑 設定5以上確定• 白7フリーズ カキーンという音ともに、フリーズし、中リールが逆回転を始め、続いて左右リールも逆回転、最後に中段に白7が止まって、通常回転に戻る プレミア点滅の全パターンが順番に点滅されます ハナハナシリーズの設定変更・リセット判別まとめ記事です
正直、レトロサウンドは設定1でも6%の確率で発生するので、期待し過ぎるのは禁物 ツインドラゴンハナハナの特徴 新筐体となり迫力のある筐体となりました
2021年4月19日• 虹:高設定示唆 レトロサウンド発生率 ボーナスが連荘(ボーナス後100G以内にボーナス当選)した場合に変化する可能性のあるレトロサウンドの出現率には設定差が存在する なお、前作までは87G以内のボーナスがレトロサウンド変化条件になっていましたが、ツインドラゴンハナハナでは100G以内に変更されています
4
10年後には「200回転までが連チャン」になっていたりして 笑 ビッグボーナス5連荘以上でBGM変化(プレミアムシークレット) ハナハナ鳳凰にも導入されていましたが、今回のツインドラゴンハナハナにも 「プレミアムシークレット」という曲が搭載されています ニューキングハナハナ• REG中サイドランプ振り分け REG中のサイドランプでの示唆内容 色 示唆内容 青 奇数設定示唆 黄 偶数設定示唆 緑 奇数設定示唆 青より高設定示唆 赤 偶数設定示唆 黄色より高設定示唆 虹 高設定示唆 設定 青 黄 緑 赤 虹 1 35. BETランプでの判別画像 画像引用元:• この方法は有名すぎて ほとんどのホールでは対策をされています
青 設定1,3,5• 停止時にリールがバウンド• 2021年1月25日• ドラゴンハナハナ BIG後87G以内のBIG成立時 BGM変化後さらに87G以内のREG成立時• 8 スイカが出現するほど高設定の示唆 ) シリーズ初の設定6確定演出も搭載されています
特に設定面で大きな意味はありませんが、優雅な気分でドヤ顔できるかも?笑 設定判別要素 ツインドラゴンハナハナの設定推測要素は以下のものが挙げられます 詳しい情報が判明するまでは、とりあえずはの実戦値を記載しておきますね
ツインドラゴンハナハナ 設定差・設定判別・確定演出総まとめ|通常時のベルはカウント必須! 今回のA店で狙うはツインドラゴンハナハナです 2021年3月8日• ボーナス終了後の龍玉ランプの色(BB・RB) こちらは新しく追加された判別要素になります
2021年3月29日• 詳しい数値は不明だが、高設定ほど点滅しやすく、点滅色は「青<黄<緑<赤<虹」の順で高設定に期待できる模様 双龍フリーズの演出動画 赤7・白7両方の双龍フリーズ演出の視聴が可能となっています
ホールでは偶数設定がよく使われていて、誤爆も多いので設定4を設定6と勘違いする打ち手も少なくありません ビッグボーナス突入時のウェイト 新台のツインドラゴンハナハナはこれまでとは少し異なり、777を揃えてビッグボーナスに突入すると、 数秒間ベットランプが効きません
設定1の場合はBIG4回に対してスイカが約2回出現する頻度になります ドラゴンハナハナ• 出現したら高設定の期待度が上がります
レギュラーボーナス中のサイドフラッシュ ドリームハナハナから導入されているシステムですが、サイドフラッシュの色によって設定の偶数・奇数を判別する事ができます 青 設定3以上確定• ジャグラーとは違い、ハナハナは• 1万回転以上回したので、データロボの表示が少しおかしくなっていますが気にしないで下さいね
プレミアムハナハナ• 1回のBIGゲーム数は取りこぼしなしで24Gなので、 設定6の場合BIG4回に対してスイカが約3回出現する頻度になります プレミアムハナハナの設定差のポイント 導入前に正式にデータを追記予定ですが、プレミアムハナハナで予測される設定差のポイントをピックアップしました