首都 高 ポルシェ 事故。 【レーサー】“ドリキン” #土屋圭市氏 首都高ポルシェ事故の動画を分析「酷い…車速に対して距離を見誤っているか」★3 [muffin★]

写真はイメージです 首都高でポルシェが暴走し、ワゴン車に乗っていた夫婦を死亡させた事故。
今回の動画はあまりにも衝撃的過ぎるため、見るにはかなりの勇気と覚悟が必要かと思いますが、スポーツカー/スーパーカーに限らず車を運転するということは、簡単に人の命を殺めてしまう鉄の塊であり、凶器であることを忘れてはいけない、そんな危険性と恐怖を教えてくれる動画となっていますが、宇宙一ブレーキが効くポルシェが急ブレーキをかけていたら、状況はまた変化していたのかもしれません。 F50とのレース?のようにも見えますが、この事故にもちょっと似ていますね。 警察などが駆け付けたところ、ポルシェと乗用車が衝突して停車していました。 それほどは違いません。 「2019年3月12日に車両を輸送していた貨物船が沈没したため、残念ながら911GT2RSを納入することができません。 — 海乱鬼 nipponkairagi 一瞬で内山仁さん、美幸さんの夫婦2人が乗っていたbBがぐしゃぐしゃになる様子が映し出されています。 夫婦を追突して殺したポルシェの追突映像。 高速道路上には1人が投げ出されていたということです。 911GT2RSは、世界限定1,000台しか生産されない貴重なモデルとなり、その必要となるパーツ類は全て使用してしまっているのですが、ここで神対応を魅せるのがポルシェ。 実際のところポルシェ911は、市販車では殆ど頂点に君臨するほどの優れた操縦性を持ち、それを実現しているポルシェ社は確かに世界一の操縦安定性技術を持っていると言えますが、しかしもし911がフツーのFR車だったら、もっとすごいことになっていたでしょう。

乗用車に乗っていた夫婦は、妻が車外に投げ出され、運転席の夫も意識不明の状態で発見されましたが、その後、死亡が確認されました。

警察によりますと、2日午前8時すぎ、神奈川県川崎市の首都高速・湾岸線の東扇島インター付近で、高級外車のポルシェが乗用車に追突しました。

そんな希少でポルシェの強い想いが詰まった911GT2RSですが、世間ではこのモデルのでの事故率が非常に高いことから「未亡人製造機」と呼ばれるほど。

ネットのコメント. 彦田容疑者は「100キロ以上スピードを出していた」などと供述していて、警察は当時の状況をさらに詳しく調べています。

簡単に言えば、速度にリミッターをかけるという事です。

気を引き締めて運転しないと。

82
車を愛し、スピードを追求するレーサーを仕事としていただけに、死者も出てしまった事故の動画にはひときわ胸を痛めていた 通報により現場に駆け付けた警察によると、男女2人が乗った黒の乗用車(トヨタ)に後ろを走っていた高級外車(ポルシェ)が追突し、追突された車を運転していた男性と、同乗の女性が意識不明の重体で病院に搬送されていましたが、同日午後までに死亡が確認されています
停まった状態から時速100キロに達するまで、3秒もかからない 【【出しすぎちゃった…】首都高ポルシェ事故のドラレコ映像【閲覧注意】】 なぜこのような大問題の発言が出てきてしまったのか?そこには彦田容疑者の普段の運転に対する考えに問題があった?気になる続きは以下の次のページにてチェック!. 午前8時18分、首都高速湾岸線を走行する車の運転手から「乗用車同士の事故で1人が外に倒れている」と110番通報がありました
その瞬間をとらえたドライブレコーダーの映像がネット上で拡散され、その悲惨な状況に多くの人が騒然となっています 問題となった貨物船は、Grande Americaと呼ばれるもので、4台の911GT2RSや718ケイマン/ボクスター/カイエン等のモデルを含む、約2,000台もの車両が入っており、その中にはアウディA3/A5/Q7/RS4/RS5といったモデルも輸送されていたのですが、3月12日にフランスの海岸沖にて沈没していたことが判明
8秒と異常に速く、フェラーリのスペチアーレモデルで競合ともいえる488ピスタ Ferrari 488 Pista よりも0. ポルシェの運転手は過失運転致死の容疑で送検されている ・あわや大惨事となるところ この暴走ポルシェは、首都高速で約180キロの猛スピードで走行
右後輪が無くなっているが、ホイールのないタイヤが転がっている場面があった ) ・・・っというワケで
32