三井 化学 市原 工場。 三井化学:市原工場にてルーカント新プラント営業運転を開始|Motor

市原工場で営業運転を開始した「ルーカント」 新プラント 「ルーカント」は、同社が世界で初めて商品化した高性能炭化水素系合成油。

低環境負荷ニーズの高まりの中、省燃費や長寿命に貢献するものとして世界的に需要の増大が見込まれる。

三井化学は市原工場(千葉県市原市)で、炭化水素系合成油「ルーカント」を製造する新プラントの起工式を4月25日に執り行った。

(昭和24年)5月16日 - 東洋高圧工業及び 三井化学工業が東証等に上場。

錦城護謨• また、三井化学独自の取り組みとして、エラストマー、エンプラ改質用途等、機能性液状ポリマーとしての積極的な市場・用途開発に取り組んでいく。

エッジ・インターナショナル• 三井化学は、潤滑油添加剤パッケージ最大手のルーブリゾールとの戦略提携を行っており、両社で潤滑油市場での「ルーカント」事業のさらなる拡大と成長を図る。

三井化学は12日、市原工場(千葉県市原市)内に炭化水素系合成油「ルーカント」の新プラントが完成し、同日に竣工式を行ったと発表した。

三井化学の市原工場では、今夏のピーク時に東電からの電力供給量を制限されても、自家発電で賄えるため、操業には影響は出ない見込みだ。

概要 [ ] 4位、石油化学の比率が高い。

68 1