吉田 拓郎 コード。 恋唄(よしだたくろう) / コード譜 / ギター

ここまで待ったのだ 映画「旅の重さ」がロードムービーであれば、この作品はロードソングとでもいうべき作品だ
真意はわからないが「おまえの足音」を歌っていながら、タイトルは「私の足音」だ もちろん2人の楽曲は、2010年代的に洗練かつアップデートされていますが
今更だけど2019年もよろしくお願いします ママ、驚かないでね、高中正義、小原礼、高橋幸宏のほぼサディスティックミカバンドミカバンド+松任谷正隆さんというデラックスなメンバーなの
フォークの域を超えたメロディメーカー シンプルなフォークをメロディアスなニュー・ミュージックに昇華させる、拓郎節とも呼ばれる一聴すれば吉田拓郎だとわかる個性的なコード進行が特徴のひとつです 哀愁のロードソングは心に沁みる名作であるが、こうして元気に奮い立たせてくれるロードソングも必要なところだ
1996年、KinKi Kidsや篠原ともえとともに音楽番組『LOVE LOVE あいしてる』にレギュラー出演、番組テーマソング「全部だきしめて」の作曲も手がけるなど話題を呼びました こういう人達に憧れて育ってきた自分が何か誇らしく感じた
先走るまい とぼとぼ歩いていると、後ろから「おい、行くぞっ! ロードソングといえば、人生=ロード系は御大の得意ジャンルであり、「マラソン」「大阪行きは何番ホーム」「車を降りた時から」など数々の名作がある
48 89