ドクター コトー 2006 最終 回 ネタバレ。 Dr.コトー診療所 漫画最終話の意外な結末とは?

手術を中断し、邦夫の容態を回復させようと必死に動くミナたち。

どうやら、家に帰る途中で出血したようだ。 ここで、今までの謎がすべて解決しますね。 自分の妻を自らの手で救おうとして間違えた 鳴海は、 外科医は家族を執刀してはいけない事を知ったのであった。 コトーの表情が曇る。 彩佳の無事を報告する ドクターコトーだが、それ以上話す気になれない。 訪ねて来る千賀に絵本を読み聞かせるゆかりだが、思わず涙がこみ上げてしまう。 それでも、 ドクターコトーはいつものように診療を続ける。 コトーに、鳴海が近づいた。 このシーンは、2004スペシャルのコトーと剛洋を思い出しました。 正一はあの日、自分が酔いつぶれていなかったらという後悔にさいなまれていた。
48

この状態で、生きているのか? それとも死んでいるのか?と。

タレント名鑑からは2009年で富岡涼さんは削除されています。

剛利は剛洋を乗せて、船を出す。

そんな仲間たちに、改めて頭を下げる剛利。

「来ちゃった」と明るく挨拶する Dr. に全巻揃ってます。

コトーが電話を切ると、誰かが訪ねて来た。

50