先般 意味。 「先般(せんぱん) 」とは?意味や使い方を例文付きで解説

「先般」を「あの日」「あの時」のように使うと、やはり少し理解しづらい表現でもあるのです。

「先般」という言葉の意味を「あのとき」「あの日」などと間違えてしまうと、他の言葉と混同しやすくなるので注意しましょう。

詳しくは、後述する類語との使い分けの項目で説明します。

「先」という漢字は「現在からさほど遠くない過去や以前」を表し、「般」という漢字は「同類の物事・種類」もしくは「ある局面や回」を表しています。

恐ろしいことが先日起きました。

会話では堅苦しい印象を与える懸念があるだけでなく、「過日」の読みが「果実」など他のワードを連想させることからも、 話し言葉としては不向きとされています。

先般の読み方 先般は「せんぱん」という読み方をします。

友達同士や家族間などの日常会話ではあまり使用されません。

85
「過日」は直前の過去には使わず、さかのぼって広く過去を表すことができます。 「このあいだ」「先日」という意味になります。 つまり「先日」よりもさらに広範囲で以前のことを指すことができ、「先日」も「過日」に含まれるという解釈になります。 ビジネスシーンで使う表現だからこそ間違った表現で使うことのないよう類義語とのニュアンスの違いに注意して覚えましょう。 先般はわざわざ当社までお越しいただき、まことに恐縮に存じます• 類語とその期間を、見比べると分かりやすいですね。 「先般」とよく似た表現で使われており、つい数日前お会いした取引先と会うときの挨拶では「先般はお世話になりました」「先日はお世話になりました」とどちらも使うことができます。 日常会話でもよく用いられる言葉ですが、ビジネス文書やビジネスメールには不向きです。 自分の思う範囲と相手の思う範囲が同じとは限りませんし、人によって幅があったり、予想外にイメージにずれがあったりもするでしょう。