駿台 学力 判定 模試。 第1回駿台全国模試自己採点

センター試験や私大・短大のマーク式問題を意識した問題が出題され、 対象の受験生はかなり広いです。

受験者層のレベルが一番高く、偏差値や判定はきつめにでますが、難関校の場合、実際の受験に近い母集団といえるでしょう。

学力層が高いほど、高い偏差値を取ることが難しくなります。

一方、試験はかなり簡単で、実力がわかりやすいものになっています。

駿台・ベネッセ模試で 偏差値50前後は下位の私大レベルです。

駿台・ベネッセ模試の偏差値は現在も で公開されています。

より、 はなくなり年2回の開催になった。

58 26