土木 研究 所。 一般財団法人土木研究センター

水環境研究グループ 水環境研究グループでは、人の活動に伴い様々なインパクトを受ける河川や湖沼を対象に、生態系のメカニズムやその人為的影響・水質汚濁等の機構の解明、治水と環境を両立した河川管理手法、 汚濁物質のモニタリング、対策手法などに関する研究を行っています。

例えば、先端的材料として、構造用FRP 材料の開発やセンサー機能を有する材料の開発を行っています。

また、毎月編集・発行し、2018年で創刊60年を迎えた土木技術資料により、母体である土木研究所と国土技術政策総合研究所を中心とした最新の研究成果や内外の土木技術に関する情報を発信し、当センターの業務成果と合わせて広報を図っています。 1)安全・安心な社会の実現への貢献に対する取り組み 2)社会資本の戦略的な維持管理・更新への貢献に対する取り組み 3)持続可能で活力ある社会の実現への貢献に対する取り組み 4)国土の強靱化・戦略的な維持管理・生産性向上等に資するインフラに関する革新的な産・学の研究開発の支援 5)国際機関との研究の協力および技術支援 6)自然災害に対する調査および技術支援 7)共同研究で使用した実験装置等または現金・有価証券・土地・建物等の寄附金等としての受入れ 8)研究および活動の動画による紹介 9)評定要綱・受賞実績・評定点等の開示 ポイント2:研究成果・技術成果 2つ目は、「研究政課・技術成果」に関する業務です。 地質・地盤研究グループ研究領域イメージ• 設置主旨• 、国立研究開発法人土木研究所法 目的 土木研究所は、建設技術及びの所掌事務に関連するその他の技術のうち、に係るもの(以下「土木技術」という。 この中で開発される先端的材料について、 土木分野への適用を検討し、実用化を目指す研究も求められています。 組織運営体制• 寒地土木研究所(旧北海道開発土木研究所)• この業務は、下記の9つの業務に細分化されています。 なお、「任期付研究員」(つくば)は、書類選考の後、採用面接試験に合格し、採用されれば就職できます。 土木に関する先端技術の研究、河川・道路などの土木技術の開発など、国の国土交通政策にかかわる任務を遂行する。 (昭和23年)7月 建設省土木研究所となる• 国の委託に基づき、国土交通省の施行する建設工事で政令で定めるものに係る特殊な工作物の設計を行うこと。 つくば中央研究所 土木に係る建設技術に関する調査、試験、研究及び開発並びに指導及び成果の普及等を行うことにより、土木技術の向上を図ることを目的とし、良質な社会資本の効率的な整備推進に貢献し、 国土交通政策に係るその任務を的確に遂行していきます。
55 74 81