源泉 徴収 票 いつ 届く。 【令和3年対応・確定申告】いつ届く?再発行は?年金の源泉徴収票の疑問を解決!

転職する際には、不正ではないということを転職先に説明する必要があります。

ほかの会社から転職してきた社員 通勤費など非課税扱いとすべき手当について 以下のような場合、所得税が非課税となる手当が存在するため、源泉徴収の支払金額の合計から除外します。

請負や業務委託で仕事をしたから 具体的には、個人事業主やフリーランスの人が請負契約や業務委託で仕事をした場合。 どちらかのタイミングで源泉徴収票を会社からもらえるのです。 どうしても概算による払い過ぎが起こり得るのですが、きちんとした申告をすればきちんと還付されます。 届出書を提出すると、税務署が会社に勧告するため、再発行してもらえる可能性が高まります。 源泉徴収票はその結果を記載した書類のため、配布が年末調整後になるのです。 公務員の場合 公務員の源泉徴収票は、基本的に年明け1月中に渡されること多いです。
税務署や役所では源泉徴収票の再発行はできません。 なお、所得税法第226条では、通常は該当年の翌年の1月31日まで、中途退職者については退職日から1ヵ月以内に源泉徴収票を交付しなければならないと定められています。 関連記事 : 源泉徴収票の再発行を依頼した際、中には「忙しいと言われ対応してもらえない」ということがあるようです。 在籍していた会社が倒産した場合はどうする? 会社が倒産して退職することになった場合、源泉徴収票の発行を申請しようと思っても会社がないため、申請のしようがありません。 あっ、最後に。 支払金額には、年の初めから退職日までの給与や賞与の総額が記載されています。 わからない場合には、税務署に相談してみましょう。 先述したように確定申告時は源泉徴収票が必要になるため、受け取ったら大切に保管しましょう。