登録 販売 者 資格。 《主婦必見!》人気の『医薬品・登録販売者』はぶっちゃけ役に立つ資格か?!|コダテかっぴー|note

試験対策は過去問などを使って自分で勉強する他に、スクールで開講している受験対策講座を受ける方法があります。 <要件2>直近5年以内に累計1920時間以上の実務経験が必要 正規の登録販売者になるためには、 直近5年間のうち累計1920時間以上の実務経験が必要です。 当然、医薬品に対して興味を持っている方が仕事にやりがいを持つことができます。 関連相談• 販売従事登録証を発行してもらうためには、販売従事登録申請書の提出をおこないます。 ちょっとした身体の不調を感じる時、病院へ行かずに薬局やドラッグストアで自分で薬を買うのはよくあることです。 そのため、登録販売者は需要の高い資格であると言っても過言ではないでしょう。 店長など店舗を管理する仕事がしてみたい方にとっても、ドラッグストアはよい仕事場でしょう。 資格取得後の更新などは必要なく、出産・育児後などに復職しやすい資格をお探しの方にもおすすめです。
49
「国家資格は国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格」、「国家資格を行う主体は国、地方公共団体、法律で指定された団体」 それに対して、登録販売者の資格は薬機法(「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」)に医薬品の販売で必要な資格として記載されている事、都道府県知事が認定する都道府県が主体の資格である事から、国家資格と判断しても良いでしょう 集合研修は1回につき2,200円、eラーニングは6時間につき1,850円の受講費用が発生します
登録販売者は、このうちの「第二類医薬品」「第三類医薬品」を販売することができます 高齢化に伴い医薬品業界の需要が拡大している• 向いているのは人と話すのが好きな人 登録販売者は、第一類医薬品を除く大半の一般用医薬品を扱えます
多様なワークスタイルがある 登録販売者には 様々な働き口があります 薬の販売には資格取得者が必要 薬事法により、 薬局・ドラッグストアなどでは薬剤師や登録販売者がいないと、薬を販売できないと決められているため、薬剤師、登録販売者の資格取得者は重宝されます
求人の内容は、薬剤師と登録販売者の募集案内ですが、具体的な待遇面についても書かれています 厚生労働省• ただ、こちら注意点なのですが、は現在「公的な資格」であり、国家資格ではありません💧今後どうなるかはわかりませんが
また お客さんの薬や健康に関する質問・相談に応じることも求められます 登録販売者のブランクはどの程度まで許される? 登録販売者は、第二類・第三類の一般用医薬品を販売することができる資格職で、今やドラッグストアには欠かせぬ存在です
活躍できる職場は? それでは登録販売者として働きたいと考えた時、どのような職場で働けるのかを見ていきましょう そのため、医薬品を販売するドラッグストアやスーパーなどの店舗にとって登録販売者は欠かせない存在と言えるでしょう
ただし、は開設者との雇用関係がなく、認められない しかし現在では過去5年間で24ヶ月以上の 実務経験を書類の提出によって証明しなければ、正規の登録販売者とは認められません
医薬品に対する興味はもちろんのこと、 勉強し続ける意欲やコミュニケーション能力、誠実な人柄などが求められます ちなみに、登録販売者としての資格手当は、平均で月額1万円ほどです
少しでも時給が高い方がいいに決まってます 経験も問わなくなった
最近は薬だけでなく、日用品や食料品まで扱う店舗も多く、利用頻度も増加傾向にあるようなので、今後も登録販売者の活躍が期待されることでしょう 決して高所得とは言えない登録販売者ですが、独立開業して成功すれば 高収入を得ることも可能です
71