ガス 安全 装置。 ガス給湯器の安全装置が作動したときに確認すべきこと

高圧ガス設備の安全弁、リリーフ弁などを含む高圧ガス配管工事のことなら 川口液化ケミカル株式会社まで、どうぞご相談ください 空焚き安全装置 ガス給湯器内や浴槽に水がない状態でお湯を沸かすことを「空焚き」といいます
過熱防止装置 機器が規定温度上昇に達した時にガスを止める 温度キープ機能• しかし、何か一つが突出していても、何かがごっそり抜けていても、いけない
まずはその部分をきれいにして、それでも炎の色が安定しないようであれば カスタマーセンターに連絡しましょう ガスメーターは、以下の方法で復帰させることができます
逆火時の悪影響 周辺への影響はほとんどない 高温モードはすべてのビルトインガスコンロに搭載されています
これは給湯器のスイッチがONになっている時間ではありません このとき発生するのが危険な一酸化炭素 CO です
アンペアブレーカー・漏電ブレーカー・安全ブレーカーの順番でスイッチを「入」にする 4. 尚、節電等で給湯器本体のコンセントを抜いてしまっていたりすると、この装置は作動しないため注意が必要です 立ち消え安全装置は「炎検知部」とも言いますが、ここが汚れていると炎検知がうまくできない場合があり、結果的にガスが遮断されて火がつかないというデメリットが出る恐れがあります
使用中に何度も火が消えるようなことが続くようであれば、ガス給湯器の寿命が近い可能性があります 無理に修理して使うよりも、長期的な目で見てお得になる可能性が高い期間の目安が「8年」です
98 73