ゾム ら っ だ ぁ。  ̄torito_ ゾムツール

ネオ・ジオンに寝返っていたモンドに一目惚れされ、彼が御神体のを修理し、騒動を納めて姉と和解する切っ掛けとなったこともあり懇意になる。

その後の彼らの消息は不明だが、ジャムル・フィンは第45話でエンドラIIに曳航されており、その後マシュマーの別働隊としてイリアとともにグレミーの反乱軍と交戦している 「あ、おい!不法侵入やぞ!」 「頼むシャオロン、匿ってくれ!!」 落ち着きの無い様子で頭を下げてくる
搭乗機は、AMX-117L まだ日も昇らない時間帯に俺の部屋のドアがうるさく叩かれた
『週刊ガンダム・ファクトファイル』第140号、デアゴスティーニ・ジャパン、2007年6月19日 エマリー・オンス [ ] Emary Ounce 声 - 生年月日:12月10日 年齢:22歳 身長:176センチメートル 体重:50キログラム 血液型:AB型 趣味:占い 好物:フレンチサラダ 特技:専門家なみのメカ知識 エゥーゴの補給ドック艦の艦長代理
ベンスン [ ] Benson 声 - の執事 当初ジュドーはエゥーゴとの戦いを「大人が勝手に始めた戦争」として傍観していたが、その彼がアーガマへの乗艦を承諾したのは、リィナの勧めによるところが大きい
漫画『』では、U. 自身の乗るアイリッシュ級戦艦マスタッシュも撃沈され、命辛々退却している だいぶ性格が丸くなっており、終始表情が柔らかく、ダリーにスーツを奪われ半裸になったアルヴェニシカ・キーストをみた時に「わーう!サービスかい」と返したり、そのスーツを利用して艦長室に忍び込んで話し合いを求めるダリーに対しては「陽動だから本当に落としたりしない」と言って解放している
出来るだけ小説書きになるよう心がけます ちなみにヤンデレも甘々も特殊なプレイもなんだっていけます 『週刊ガンダム・ファクトファイル』第23号、デアゴスティーニ・ジャパン、2005年2月28日
66
その後はジュドーたちを追い詰めるために自らを駆って出撃するが、その際にを殺してしまう。 でも、理由を聞かなきゃ納得出来ない。 アーマ・ガンマ、ジョニー・ウエマツ、ヘレン・アレン、マイク・ビルモア [ ] たちが本来通うべき学校の生徒。 拠点であるダカールを制圧される事前に脱出してダブリンに逃げ込んで他の高官達と暢気に会食をしている等、自己保身を優先する典型的な日和見主義者。 ジュドーたちにとっては迷惑な存在と捉えられていたが、アーガマの改装や器材の配備など様々な点で貢献しており、ガンダム・チームがを戦い抜くことが出来たのは、彼や、ミリィなどアナハイム出身のスタッフに拠る所が大きい。