ショパン ワルツ 64 2。 ショパン ワルツ解説

嬰ハ短調 作品64-2 【作品の基本情報】 作曲年:1846~47 出版年:1847 Paris, Leipzig 献呈 : シャルロット・ド・ロトシルド(ナタニエル・ド・ロトシルド男爵夫人) A Madame la Baronne Nathaniel de Rothschild 【楽譜所収情報】 パデレフスキ版:No. 上記でも触れましたが、ここでも両手練習で行き詰ったときには、また片手練習に戻って練習を重ねましょう。

18と同じ要領で曲を始め、ABCBAコーダという循環形式で書かれるなどウィンナワルツ調というかGrande Valse様式を残していますが、すでにマズルカ調のリズムが出はじめます。 40
ワルツといってもいろいろな作品がありますが、その中でもこの曲はわりと簡単なほうだと言えます 子供心ながら言葉にできない寂しさがあったような気がしています
「音楽性豊かに弾きたい」という以前に、 そもそもその曲を今の自分のレベルでものにすることができるかどうかが知りたいわけですからね でもこれがすべてではないので、いろいろ試行錯誤しながら「こうやって弾くと良い感じ!」と納得のいくような表現方法を自分なりに探ってみてくださいね
69-2』は、その感傷的かつ情緒的な旋律の中に、やはりワルツというだけあって、どこか舞曲らしい雰囲気の漂う曲です 議論となるところは、1-2小節間と3-4小節間の強弱関係です
抑揚は適度につけましょうね 教本レベルで言えばツェルニー30番終了程度
70-3 2019年6月20日 ショパンワルツ楽譜無料 一覧 楽譜(PDF ダウンロード 楽譜再生 楽譜動画で視聴できます 僕は個人的には、華麗なる大円舞曲の方が幻想即興曲よりも難しいと感じていて、 この辺りは個人差が大きいのではないか、と思うんですよ
79