いかがお過ごしでしょうか 返信。 依頼の催促お願いしてあった依頼の手紙の書き方と返信の例文procedure

お変わりございませんでしょうか。 平素は格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。 暑中お見舞い申し上げます ご丁寧に暑中お見舞いをいただきまして、恐れ入ります。 または、取引のルールなどを先に理解しておいてほしい、というような場合に用います。 ・体調を崩していませんか。 (4月)うららかな春日和になりました。 つきましては、本日、心ばかりの品を別送させていただきました。 参照: 4月の手紙の書き出し例• 取り急ぎ、まずはお礼申し上げます。 暑中お見舞い申し上げます 炎暑ことのほかきびしい中、皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。 ・心より感謝申し上げます。
40

・つつがなくお過ごしのことと存じます。

平素は、格別のご高誼を賜り深く感謝いたしております。

いつも格別のお引き立てにあずかり、誠にありがとうございます。

春まだ浅い今日この頃でございますが、• この夏の暑さは長く続きそうですので疲労も溜まり易くなります。

・お目通しいただきたくお願い申し上げます。

26

その他には次のような表現があります。

貴社におかれましては、いよいよご隆昌のことなによりに存じます。

穏やかな小春日和が続きさわやかな今日この頃ですが、• この度は新型コロナウィルス感染拡大による外出自粛等の制限により、多大なご迷惑をおかけしております。

吹く風の冷たさが身に染みる年の瀬ですが、• 文例2 先日は御多忙の折にもかかわらず、ご丁寧なお手紙をありがとうございました。

(7月)夏本番となりました。

・何卒よろしくお願いいたします。

いまだにコロナが落ち着く気配が見えませんが、皆様におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。

お元気にお過ごしでしょうか。

39