ボート 八百長。 【ボート八百長】西川昌希に懲役4年求刑!!不正レースで得た金額は税務申告せずギャンブルにつぎ込む。競艇選手逮捕・ボートレーサー・事件

現在もA1級選手として記念戦線で活躍している平田忠則選手は16年前に通信機器を持ち込んでしまい、1年間の出場停止を受けています 今まで楽しむ事が出来たがこれからは全選手をそんな目で見たくないがもしかしたら見てしまう自分が居るかと思うとそこにお金は入れる事は出来なくなるので、もし本当なら卒業します
報酬として300万円を収受した様ですが親族名義の通帳には億単位の預金がある模様です 西川昌希容疑者の顔画像は? 金髪のイケメンですね
昭和の時代に大相撲の八百長工作を担った元力士は、「難しい星勘定を完璧に帳尻合わせし、仲間から評価されることが快感だった」という趣旨の告白をしたと聞く ボートレースの八百長の方法は簡単です
というか、外部とは接触は出来ないようになっているので、通信機器を選手宿舎やレース場に持って入る事は出来ないのです A1 約2900万円 A2 約1800万円 B1 約1100万円 西川昌希容疑者は最上位のA1クラスですので約2900万円の収入があった様ですが 一般人からしたらかなりの高給ですがやはりプロなので色々と経費で掛かるのでしょうか? 経費が掛からないとしても1レースで300万円、税金無しの手取り300万円ならば目が眩むのも解らないでもないですが
私自身、競艇が好きでこのような記事を、今書かしていただいてますが正直ニュースを見た時はものすごくショックでした 元選手に損害賠償を請求しても、支払い能力がどこまであるか疑問です
ちなみに、僕は競馬予想をする際、1レースあたり1時間~1時間30分くらい時間をかけます 取材に応じた西川氏は、髪を短く刈り込み、坊主頭になっていた
舟券を買うだけだったら誰でもできるが、不正レースの絵を描いて、それをきちんと成立させるのは俺にしかできない
最後に 今回お話しした事件は、すべての公営競技に凄い影響を与える事件だと思います 某有名な直近の八百長事件では億単位の報酬を受け取ったとの話も…
一度に3人もの選手が摘発されたのは例が無く、まさに前代未聞の事件ということです
俺は、不正をしている別の選手の情報を共犯者に流し、そこでも利益を上げていました というか、外部とは接触は出来ないようになっているので、通信機器を選手宿舎やレース場に持って入る事は出来ないのです

安くても当たった時は嬉しい。

どう見てもあり得ない順位変動です。

今後も万が一明らかに八百長が行われたレースの舟券を購入してしまったとしても、フライングのように返還されるようなことはないと言えるでしょう。

西川容疑者は2019年9月30日付で「一身上の都合」を理由に引退しています。

西川昌希者にはファンに説明しないと皆さん納得しないのではないでしょうか? 最後までお読み頂きありがとうございました。

4

僕も色々と聞き出そうとしましたが、「まだ決まっていないので、何とも申し上げられません」と交わされてしまいます。

それを主催者側が一方的に公正と認めて「確定」とした訳で完全な誤審!舟券は返金されないと筋が通らないと思う。

競艇界の八百長についてまとめ ここまで八百長の事件や方法などについてまとめてきましたが、そもそも八百長はどの業界でも決してあってはならない行為です。

そのため、「公営ギャンブルは一瞬で終わるからいい」という考え方もありますし、「1レースだけで何時間も楽しめるからいい」という反対の考え方もあります。

そのような中、たまたま見かけたボートレーサーの試験にまぐれで合格し、2009年に津競艇場でデビューすることに。

レースの直前に西川容疑者が2、3着になるか、4着以下になるかを決めて実行した疑い。

2019年7月2日の琵琶湖ボート7レース。

49