デイトナ 24 時間 レース。 【デイトナ24時間】小林可夢偉、個人3連覇ならず2位…優勝はアキュラ

1月30~31日、2021年デイトナ24時間レースの決勝が実施され、小林可夢偉らのキャデラックDPi(48号車)は約5秒差の2位、可夢偉は惜しくも個人3連覇を逃した。

デイトナ24時間レースは、1960年代から続くアメリカを代表する耐久レースで、近年はIMSA ウェザーテックスポーツカー選手権の第1戦を担う。

AVSのLEXUS RC F GT3は、14号車が12番グリッドから、12号車が14番グリッドからスタートを切った。

可夢偉は今年も昨年同様、総合優勝を争うDPiクラスにWayne Taylor Racingの 10 キャデラックDPiで参戦し、チェッカードライバーを務めるなど活躍。

1966• フェラーリのレース史、それはまさに輝かしいの一言に尽きます。

フロリダ州にあるサーキットは、アメリカンレースに典型的な大きな楕円(オーバル)コースを基本としたレイアウトで、耐久でありながらハイスピードバトルが強いられる、クルマへの負荷が大きい一戦だ。

また、初期型の3つのシャーシについても、その当時、コンペティツィオーネ仕様にコンバージョンされていることが公式に認められています。

また、コースのあちこちでクラッシュやコースアウトが相次ぎFCYが出動されるものの、トップグループとの間にバックマーカーを挟むためなかなか彼らに追いつくことができません。

1967• デュバル組)までがトップ同一周回(833周)。

99

そして、新チームのデビュー戦において、2台揃ってトップ5フィニッシュという結果をもたらしたのだ。

1990• 2002• 1978• これを走らせたウェイン・テイラー・レーシング(WTR)はチームとして3連覇である。

耐久レースでは速さも重要だが、それ以上にトラブルを起こさない信頼性や、長時間を快適にドライブできる操縦性が、クルマには求められる。

1990年代、フェラーリは新しいF333 SPによってスポーツ・プロトタイプ・レースへの復帰を果たします。

GTDクラスには合計23台が出走。

しかしあろうことか、ドライバーのジャービスがフォーメーションラップに向けてスタートする際にギアセレクターが作動せず、マシンは動けませんでした。

ディクソンの4人で、このうち2連覇となったのは可夢偉とバン・デル・ザンデの2人である(ディクソンはインディカー・シリーズで5度の戴冠実績を誇る選手)。

R91CPは当時まだ珍しいマテリアルであったカーボンファイバーを多用し、軽量化と高剛性を実現。

1975• テスト最終日である23日には決勝のスターティンググリッドを決する予選セッションも設けられるが、その予選フォーマットについてはまだ明らかになっていない。

97