裏地 付き 切り替え 巾着 作り方 簡単。 切り替えレッスンバッグ(裏地付き)の作り方

布Aと布Bの縫い目同士も合わせてまち針でとめます。

そんなとき私はバッグもポーチも 裏地をつけて作っています。

生地の両端を縫う 繋ぎ合わせた本体を中表にして袋口7cmと両端の縫い代1cmの所に印をつける。

紐の長さの決め方は、巾着袋を平らに置き、紐を2つに折った状態で輪になってる側を端に合わせて巾着に重ねて置きます。

アクリルテープは、巾着で通したひもを通し、リュック型にします。

3.両サイドを縫い合わせる 外布と内布を縫い合わせたものを開き、外布同士、内布同士が合わさるようにたたみ直します。

7.ひもを通す ひも通しでひもを通します。

ここでは、お好きな割合で作れるよう、裁断サイズの求め方をお伝えします。

72
ミシンが入りにくくて縫いにくい場合には、手縫いしても大丈夫です。 チャコペンで印を付けたところから底に向かって、両サイドを 縫代1. 両脇を縫って袋に 袋用の布を中表に半分に折り、開きどまりから底まで縫い代1cmで線を引き、ミシンで縫います。 2枚仕立てのフリル巾着袋が完成! さあ、これで2枚仕立てのフリル巾着袋(体操着袋)の完成です! 布端が見えないので、中がすっきりきれいですね。 表地と裏地の縫い代にアイロンをかけ、縫い代を開きます。 絵本もたくさん入りますね。 良かったらそちらも読んでみて下さいね。
42