広島 県 教育 委員 会。 教育長の強い意志により「学びそのもの」の変革を目指す広島県――コロナ禍の中で急速に進められたオンライン教育への取り組み (1/2):EdTechZine(エドテックジン)

教育委員会 教育長:迫田隆範 教育次長:甲斐和彦 教育委員会事務局付課長:赤木実 教育委員会事務局付課長:河野智樹 文化と学びの課 文化と学びの課長:古矢俊彦 係 主な業務 お問い合わせ 教育総務係 教育委員会の会議 奨学金 教育政策 危機管理 教育委員会の評価 放課後児童クラブ 放課後子ども教室 に関することなど TEL 0824-62-6182 FAX 0824-62-6288 本庁 〒728-8501 三次市十日市中二丁目8番1号 文化学習係 芸術・文化施設 社会教育委員 社会教育の推進 芸術・文化活動 芸術・文化団体の育成指導 文化財の保護 文化財保護委員会 図書館 スポーツ推進・文化振興事業検討委員 青少年問題・青少年育成 青少年関係団体 生涯学習 三次市生涯学習センター に関することなど TEL 0824-62-6191 FAX 0824-62-6288 本庁 〒728-8501 三次市十日市中二丁目8番1号 文化と学びの課トピックス• 24 令和3年度文教予算に関する特別要望を掲載しました また、小中学校の設置者は県ではなく市町だが、4月の休校以降、県内23市町に連絡を取り、クラウドサービスの活用を呼びかけてきた
生徒1人1台のパソコン等導入に係る経済的支援 元来、こうした新しいチャレンジにはとても時間がかかる コロナ危機の基本的構造:アカウント、デバイス、通信手段を「三種の神器」と呼んで示した まずは「アカウント」の準備を優先し、新学期には県立高校の全生徒にG Suiteのアカウントを配付した
生徒たちとつながる方法の一つとして使うということでも良いと思います ある意味での合理的配慮として一人ひとりに適した方法を考えるしかないと思います
今後については? 学校の役割は変わっていくはず 「デバイス」と「通信手段」は、4月の始業式でアンケートをとった結果、それぞれ12%程度の生徒が持っていないことがわかり、これに対しては、8. 親も家でテレワークをしていたりして、通信を使っていますから
それと、端末を持っていない子どもの中には、金銭面とか食事とか、ほかの面で助けが必要なケースがある 学校の状況に合わせて活用している感じです
再びいつ休校になっても大丈夫なように備えたのだ もちろん学校によってクラウドサービスの活用度合いはさまざまだが、それ以降、毎日の健康観察をはじめ、朝学活への活用や、授業動画の公開、1日5時間の授業を行った学校もあった
25 65