建国 記念 の 日 意味。 『建国記念の日』って結局どんな日なのか?各国の記念日と比較してみた

間違われやすいこととして、建国記念の日は日本国が建国された日ではなく、建国されたことを祝う日なので正しく覚えておきましょう。

その後、国民の間で紀元節を復活させようという動きが高まり、建国を記念するための日が設けられたようです。

イワレビノミコト(神武天皇?)は、現在の建国記念の日にあたる、辛酉元旦(現在の暦に直すと紀元前660年2月11日)に、大和の橿原〔かしはら〕の宮で即位したとされ、そこから2月11日を「建国記念の日」に定めたという説もあります。

神武天皇即位紀元は紀元前660年と定められており、そこから起算して、例えば東京オリンピックが開催される予定だった2020年は、皇紀2680年となる。

今年、2017年と言うのは土曜日の祝日が年に4回もあります。

翌年には2月11日が祝日となったんですね。

91 8