ダイヤ の エース act2 最終 回。 ダイヤのA act2 第158話のネタバレ&感想「ありがとう」四回戦へ向けて

・御幸の相棒として自信をなくして落ち込むも 「現状に甘んじることなく、エースとしてもっと精進しろということだ」と前向きに捉えると同時に 「御幸が本音を語れる程の凄い投手になってやる」とそれを糧に自身を更に奮い立たせ、それ等が 次第に「これからも御幸とバッテリーを組みたい」という次のステージであるプロの世界も視野に入れるようになる。

小さい頃はよく同級生などに虐められ、兄・亮介に守られていた。

「しかしながらこの回、白州・御幸の連続タイムリーで一挙2点」「青道1点リードでいよいよ9回最終回へ」と実況される。 するとエラーは足のせいなのかと、話の矛先は前園に。 試合が終わり、互いに健闘を称え合う青道高校と市大三高の選手達。 前園は最終打席の際に自分も泣いていたこともあり、単なる生理現象だと麻生をフォロー。 40歳まで社会人野球の現役選手だったが引退後会社を辞め無職に。 かなり自信があるように見えます。 轟雷市も動揺を隠せない様子。 西東京の名門。 不用意な言動の多い成宮の静止役。
60

それを踏まえたうえで、今の正直な気持ちを素直に言わせてもらうと、まだまだ続きがやりたい、俺たちはまだまだ戦いの途中だって感じです。

冷静かつ大胆なプレーを得意とするが、根は恥ずかしがり屋で、一見、女の子に似ている。

そう言われた沢村だったが、夢だと思っていたのか無言でした。

右投右打。

またいつから放送されるのでしょうか。

夏大では決勝で稲実に敗れるが、秋大では決勝で薬師高校を破り、甲子園への切符を手にした。

野球に強い執念を抱いており、「野球に魂を売り払った悪魔のような男」と形容される。

ボスの激励 病院での精密検査を終えて合宿所に戻ってきた川上。

27