鏡 の 前 で お辞儀 を した 先輩。 鏡の前でお辞儀

お辞儀をしているような状態 4、両手解く。

「対象をただ見る」というのは普通にしていると起こらない。 15
顔とヘソ それと、社会における「顔」の扱いにも敏感になりました。 鏡の前でお辞儀をしたまま横を向く 👈 再生回数:390476 コメント:5702 マイリス:4184• あるいは、顔にモザイクをいれたり、目元に黒線をいれることで、プライバシーを守ろうとしている。 ほとんど都市伝説のように語られている話です。 焦点を自分の顔には合わせずに、ボーッと見るわけです。 騒がれない。 2、正面に立ったら右指が上になるように両手を胸の前で組む。 頭のなかを空白に近づけていく。
12
ほっといても勝手に考えてしまう こんなふうに表現するとややこしいですが、分かりやすく言えば、 「おっ、あの子かわいい!」みたいな反応とのあいだに距離ができたということです
自分の顔が好きだとか嫌いだとか、鼻毛が出てるとか肌が荒れてるとか、性別や年齢によって変わると思いますが、鏡を見ると、反射的にさまざまなことを考えるわけです 怖い話「リアル」についてあれって鏡の前で何したんですか?お辞儀をして. いまいち怖くないというか、 怖さのベクトルが期待していたのとちがう
まず、顔だけが映るような小さめの鏡でやってたんですが、家に 全身鏡があったので、そちらに変えてみました その現れた者が、善なのか悪なのか噂や体験している人によって違うのだろう
おまえ平日の昼間から何やってんだ、ということです この展開はさすがに予想外でした
そうした色々のなかに、この実験もありました 「鏡のなかに知らない人がいる」という状態よりも、「その知らない人が微笑んだ」という状態のほうが、ずっと怖かったんですね
「知らない人が映っている」と感じる んで、こっちも意地になってるんで、試行錯誤をはじめました やってみると分かりますが、この時点で ハタから見れば頭がおかしいムードは出ます
声も出なかったし一切体は動かなかったけど、 頭の中では物凄い回転数で起きていることを理解しようとしてたと思う それはそれとして、たしかに「知らない人が映っている」という感覚は明確に起こりました
とても近いやり方だが、少し複雑になっている 3、腕を組んだまま自分の足のつま先見て、足を45度右に回転させる
13