幸平 創 真。 幸平創真とは (ユキヒラソウマとは) [単語記事]

創真の相手は六席の紀ノ国となるが、テーマ食材を決めるくじ引きで紀ノ国の得意料理である「そば」を引いてしまい、創真の圧倒的不利な状況でスタートを迎えてしまう。 「遠月十傑評議会」の 第十席。 退学して料理人を辞めようとしたが、創真から料理人の真のあり方を示されて再起を促され、タクミからも退学しないよう釘を刺された。 調理中に何度もえりなに味見を頼むことで徐々に完成度を高めていき、前菜の「パテ・ド・カンパーニュ」を風に表現した必殺料理「時限式・生意気小僧風原始肉」を披露。 えりなとは5歳の時まで同じ屋敷で過ごしていた顔馴染みだが、幼い頃から類まれな才能を発揮していた彼女とは常に比較される立場にあった。
31 39
アニメ版では「鉄腕火龍小姐(アイアンドラゴンガール)」の異名をつけられた。 初期 えりなは創真の実力を頑なに認めようとはせず、ことあるごとに「きみなんかがこの遠月で生き残れるはずがない」と挑発していた。 敗れはしたが審査員の一人アンは恵に一票を投じ、恵の予想外の料理は茜ヶ久保に動揺を与えた。 動画タイトルは「食戟のソーマ実写化】簡単一口サイズのなんちゃってローストポーク【アニメ料理】!!」です。 また、創真の父親が元十傑第二席であることを知った際は誰よりも驚愕し、自分が以前に感じた異質さを確信した模様。