天之御中主神 ヤハウェ。 古代日本人はヤハウェを信じていた

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。

イエス・キリストの御名前は、アメリカでは、ジーザス・クライストに変わります。

62
例えば、掃除を教えても掃除ができない なので、私は彼をどん底に落としてから主を伝えます
少し前に見たように、 「又」とは 「ゆるす、ふたたび、たすけ」といった意味があることから、ずばり 「イエス・キリスト」の象徴である可能性が高いと指摘しました そもそもアッラーフ(神)自体が「生みもせず、生まれもしない」 、つまり時間と空間を超越した絶対固有であるため、神学における像のように、ムハンマドを「神(アッラーフ)の子」と見なすような信仰的・神学的位置付けもされていない
このように、アマテラスやスサノオの神話は、バビロニアの神話が若干変形しながら伝わってきたもの、と見ることができそうです 神ヤハウェを信じていた人々は、イスラエル人だけだったのではないのか
いちばん問題なのはそれができない このようにすれば、刃に血をぬることなく、敵はきっと敗れるだろう」 と
また宗派の元の教え(愛=光)に関しては、良し悪しは全く無くもともと同じソースから派生したものですし、俯瞰しながら教えを深く理解することで、自然と心が体の中心に統合されていく点では皆共通していると思います 天之御中主様(あめのみなかぬしさま)という最強の言霊 こんにちは、こころです
の時点でも、エホバではなく主の語を用いるべきだとしている やがてが日常言語としてはになり、ヤハウェにあたる語を何と読むか、正確な発音は消失した
そんでネットで調べると国之常立神は実は誰(どの神)なのかもわかる ここらへんの『記紀 (きき)』 (古事記と日本書紀)の記述は、なにやら聖書の教える三位一体の神に、どこか似ていると思わせるものがあります
71