コロナ禍 なんて読む。 『コロナ化』する今日この頃…『コロナ禍』ってどう読めばよい?『コロナ禍』とは?(神田敏晶)

試しにスマホやパソコンで「 わざわい」と入れると「 禍」という変換候補が出てくるはずです。

でも悪いのは全部ウィルスで、その人が悪いわけじゃないの。

禍をつかった勇気づけられる文章 コロナウィルスで大変な時期ですが、コロナ禍に負けず気分をあげるための慣用句を紹介して終わりにします。 また、時差通勤やテレワーク、商店の休業や営業時間短縮、臨時休校など、コロナ禍によって私たちの日常は大きく変わりつつあります。 たとえば最近、救われたのはこの言葉。 🔸取り敢えず、コロナ禍の影響で一気に困窮し、退学を視野に入れている学生が「13人に1人」から「2割」にまで悪化しているにも関わらず、 学生支援は今から「検討」などと呑気に構えている安倍首相を見て、氷河期世代はこうやって国から見捨てられたのだなと思い 知った。 相方とコンビでネタをやりたい。 29日の掲載を目指したのは、ゴールデンウィークに外出できないことで、つらい思いをする子どもたちがいるだろうという思いからです。
22