赤ちゃん 昼寝 時間。 【月齢別】赤ちゃんのお昼寝時間や期間はどの位?睡眠の仕組み

生後数週間経つと5~6時間まとまって寝る時間が出てきますが、24時間のリズムでは動いておらず、25時間の体内時計で動いているので時差ぼけ状態になっています。

午前は活発に活動をし、お昼寝以降はお迎えを待ちながらゆったり過ごします。

出典元一覧• 湯気でいっぱいのお風呂場に数分だけ赤ちゃんと座りましょう。

仕事に家事に寝かしつけと、スケジュール通りにこなすのは簡単ではありません。

地球での時間と1時間ずれていますが、毎朝日の光を浴びることで体内時計は24時間にリセットされているのです。

ママが部屋を離れたら、赤ちゃんは泣きだしてしまうかもしれません。

また夕方のお昼寝は午後5時ぐらいまでとし、夜の睡眠に影響しないよう気をつけましょう。

ただ、お昼寝を長時間しすぎると、夜に眠れなくなってしまうので気をつけてあげてくださいね。

「あれ?新生児って頻繁に起きるんじゃないの?」、「もう授乳の時間なのに…ずっと寝てるけどどうしよう」、「うちの子、寝過ぎじゃないかな?一度起こしたほうがよいのかな?」 赤ちゃんのお世話をしていると戸惑うこともいっぱいあるでしょう。

しかし、乳歯が生え始めたり、離乳食が始まることで、だ液の分泌量が増えていきます。

また、赤ちゃんが眠りやすい 環境を整えてあげることも大切です。 赤ちゃんの仕事は寝ることといってもいいでしょう。 赤ちゃんと一緒に床で遊びましょう。 親子のスキンシップは、不安や恐怖を取り除いてあげ、セロトニンを活性させる効果もあり、この時期の夜泣きの対策にもなります。 実際、全く新しいものや知らないものを渡してしまうと、それを怖がってしまうこともあります。 夜の睡眠の質を上げるためには、朝日を浴びることが大切です。
49