予言com。 『2021年の予言:新型コロナ遺伝子ワクチン接種後に未知のウイルスが誕生する?』

作中の「東京オリンピックがあるはずだった年」も2020年。

ワトソン君: 東京オリンピックが、中止・・・。

「二発目」が炸裂することを予想しないほうが、どうかしている。

だが結論だけは示された。

日本は敗戦する。

東京五輪は、中止だと。

まずこの認識を共有しなければならない。

テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。

19
しかし冷戦が終わり、 ハシゴが外された途端、今日にまで続く泥沼のなかへと、成す術もなく沈降していった もともと イルミナティとは1770年代に創設された秘密結社の名前です
だが俺は大予言を聞いてしまったから否定することができない 「それまで」の日本は、戦後復興の長い道のりの途上だっただけなのに「すでに復興は成った」と誤解したあげくに、繁栄の日本が「このままずっと続く」などと思い込むのが主流だった
たとえば、コロナ禍の延長線上における危機は、いままさに現在進行形だ 原作漫画版の『AKIRA』には、 予言的な箇所がいくつもあったからだ(88年のアニメ映画版にも同様のシーンはあったのだが、本来的なストーリー解釈という観点から、以下、この稿では特記なき場合はすべて漫画版について述べる)
メタファー(暗喩)として、とらえることも可能だ それどころか「そんなバクチを打とうとするから」オリンピックもろとも、 東京そのものが「ふっ飛んでしまう」……
しかし、『日月神示』の予言は、新型コロナウイルスが闇の支配者層の思惑を遥かに超えた存在であることも示しているのだ 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• 一発目の「新型爆弾」で、失われた30年が始まった ごく当たり前に、こうした観念が大前提として、『AKIRA』のなかには横たわっていたのだと僕は考える
「立て替え(破壊)は二度ある」のです むかし「政治は三流、経済一流」とうそぶいていた国が(本当にそう言っていたのだが)、どっちも三流(か、政治は五流かもしれない)となって長い
News U. 地球的規模の変革が起こる直前に上空に現れるというサインの話から、人生の悩みごとの解決にも活用できるという日月神示の奥深い一面まで、多岐にわたった今回のインタビューのフルバージョンは、にて近日掲載! 6月中にメルマガにご登録いただくと、全文をお読みいただけます 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 【無料部分】東京五輪が大地震でとどめを刺される…? ワトソン君:地震、大丈夫でしたか?結構揺れましたね! 黒井:ああ
91

全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋委縮性側索硬化症と戦い続けた「車いすの天才」は、独創的な宇宙論だけではなく、経済や金融、人類の未来についても深い見解を示していた。

まさにその「開催直前」の2019年から『AKIRA』のストーリーは始まる。

そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• ……そもそも日本人って、追い込まれないとダメですからね。

予言者が登場しなければみな不安だろう。

博士の予言が的中すれば、「AIは金融市場や投資アナリスト、リサーチャーを脅かす存在となる」だけではなく、金融市場の構造自体を現在とは全く異なる物へと作り変えるかもしれない。

8月7日から、9日までの「3日間」だ。

黒井:そうだ。

このすさまじい「大破壊」シーンは、 単行本オリジナル版の第3巻に収録されている。

そして何が起きてもいいようにしておくこと。

ゲイツ氏は、死亡率と経済的困難の増加が人類を待っていると考えており、「(新型コロナの)パンデミックは恐ろしかったが、がある」と指摘している。