マイ ナンバー 流出。 流出には重い罰則が!マイナンバーを安全に管理する方法

日本年金機構の入力業務業務を中国業者に流していた東京都豊島区の業者が、株式会社SAY企画と判明 しかし、実際に個々の企業の管理に負うだけでは対策が充分ではないため、「特定個人情報保護委員会」という第三者機関が設けられました
今、その脅威を無力化するために、牙をむき始めたということだ そして今なお、責任から逃げようとするのはいかがなものか
退職者からの口コミでは「社長のワンマン」「場当たり的な会社」 SAY企画の組織図を見て分かる通り、「代表取締役社長」が会社の頂点に立ち、事業、内部統制をコントロールしている立場にある (時にそのサイバー攻撃の容疑者を国にでっち上げて、も画策しているようですが・・・) その為にも「マイナンバー」の流出に対する罰則規定を、個人情報流出よりも厳しくしたり、今後益々我々の生活の中に、「マイナンバー」を浸透させて、「マイナンバーが重要なものであるようなイメージ」を作り、「マイナンバーの漏洩=悪」の流れにしていくことは間違いないでしょう 皆さん
当時の事情を最も知るひとりのはずだ いろいろな仕組みで、個人情報は保護されているのです
今後紐づけされる情報も多くなり、重要度が増すものとなる ただし、マイナンバーだけのために自社でシステムを構築するのではコストがかかりすぎますし、運用担当者も専任しなければならないでしょう
66